新春1月のメニュー&スケジュール1/7.17:00現在 2017 / 01 / 06 ( Fri )
IMG_0671.jpg
<クイニーアマンのレッスン>
1月22日(日)10時~定員となりました
------------------------------------------------------------------
未だクリスマスすらもやって来ておりませんのに
新春のメニューのお知らせ。わたくし、先走っておりますでしょうか?(笑)
とはいえ、一年の月日の早さを感じずにはいられません。
そして、日々お忙しい皆さま。
少し甘いもので御休憩時間にほっと一息。
味のしっかりしたキャラメル味はこんな冬にピッタリのテイストではないでしょうか。

新春のテーマは「キャラメルの旨味」でございます。

確かに見た目の派手さなんぞ全く無く、それどころか寧ろ地味かもしれません。
でも、決して奇をてらわない、その滋味深さと懐の大きさといったら計り知れません。
グラニュー糖をただ焦がす、という行為。
苦みの中に酸味すらも感じるほどの香りと旨味。
作り手の腕と舌が試されるキャラメル。

この機会に底知れぬ「キャラメルの旨味」に酔いしれてみてはいかがでしょうか。
ではでは、皆様のエントリー、心よりお持ち申し上げております。
IMG_0494.jpg
期間限定~じゃが鱈グラタンキッシュ~
※初めての方、どなたでもご参加可能です。
12月好評につき、1月もレッスン致しまします。
冬に美味しさがグっと増す、おじゃがと鱈。
東京・浅草ペリカンの食パン付きの賄い有り、レッスン。
IMG_0431.jpg

寒くて寒くてお家から出たくない方・・・は~い!心の中で挙手(笑)されている方も
多いかと思います。でも、このグラタンキッシュお召し上がり頂いたら、
木枯らしなんて気にもせずに闊歩したくなります。
IMG_0495.jpg
フランスのお惣菜にプランダートという料理があります。
干した鱈とマッシュしたジャガイモの混ぜてペーストにしたもの。
これを薄く切ったバゲットをトーストし塗ってたべる、謂わばアテです。
これだけ食べてもおいしいのでコロッケなんかにしてもオツですよ!
それをフォンセ生地にすくってこんもり置き、ホワイトソースを流し込み、
グリュイエールチーズをぶん蒔き、パン粉も散らして、アツアツを。
このキッシュはプランダートとドフィノワ(じゃが芋のグラタン)の良いとこ取りキッシュ。
IMG_0496.jpg
レッスンでは少し具材やソースが余るはず・・・(笑)なので焼きますので
是非あつあつ食べっててください!
IMG_0462.jpg
美味しいパン(ペリカン)をご用意いたしまので、
はふはふしてお召し上がりくださいませ。

(日時)1月8日(日)12時~14時定員となりました。
9日(祝・月)10時~12時→定員となりました
10日(火)10時~12時→定員となりました
追加日程15日(日)12時~14時定員となりました
(定員)各日2名さま
(参加費)7000円

IMG_0732.jpg
~サブレ・ロミアス~※初めての方、どなたでもご参加可能です。
嗚呼、麗しのロミアス・・・・その佇まいが可憐でおしゃれなイタリアの焼き菓子。
本来イタリアでは生地を星口金で丸く円に絞り、
その真ん中にヌガーやジャムを忍ばせ焼成。
ですが、なぜか!?昨今のパティスリーでは
シャルタン型の絞り口を付けて絞る、絞り出しタイプのクッキーが定番。
とはいえ、この口金に憧れている方も多いのではないでしょうか・・・
存分に絞って頂き、面白さを感じ取って頂ければ幸いです。
もちろん、星口金で絞ってもかわいいですよ!

ほろっっとした口どけの軽いバニラ風味のサブレ・ヴィエノワと
中身のカリッと香ばしい濃ゆいヌガーとのマリアージュ。
フロランタンのヌガーのようなクセになるヌガーは、最高の旨味です。

このコントラストと味はもう病みつきになり、あったらあった分だけ全部食べてしまいます、きっと。
レッスンでは画像の量の2倍ほど沢山作りますので、お友達にプレゼントしてもいいかもしれませんね!
IMG_0728.jpg

(日時)1月12日(木)10時~12時半→定員となりました
13日(金)10時~12時半→定員となりました
14日(土)12時~14時半→定員となりました
17日(火)10時~12時半→定員となりました
(定員)各日2名さま
(参加費)7000円

IMG_0720.jpg
~kouign amann クイニー・アマン~※初めての方、どなたでもご参加可能です。
バター好きの方、お待たせしました。
フランス・ブルターニュ地方の地方菓子飴色のクイニー・アマン。
その名も「バターのお菓子」という意味の
有塩バターたっぷりの発酵菓子です。

日本ではだいぶ前に流行ましたが、今年あたりから
巨匠パティシエのピエール・エルメ氏やキャラメリエのアンリー・ルルー氏などの影響で
再ブーム到来!美味しいものは永遠であり、定番なのですね!
IMG_0725.jpg
外側のキャラメリゼは自分の顔が写るくらいの飴色のカリカリなキャラメリゼ。
有塩バターたっぷりの発酵生地はしっとり。
発酵生地は一晩寝かせて、バターとイーストの旨味を引き出します。
なので、外側カリッとキャラメルの香ばしさ、そして、バターのジュワっ~~とした
風味が一度に楽しめる焼き菓子です。

一晩寝かせるところまでは写真付きレシピをご用意致しますので、御安心下さいませ。
IMG_0671.jpg
(日時)1月19日(木)10時~13時→定員となりました
20日(金)10時~13時→定員なりました
21日(土)10時~13時→定員となりました
22日(日)10時~13時→定員となりました
23日(月)10時~13時→定員となりました
(定員)各日2名さま
(参加費)7000円

IMG_0736.jpg
~ダコワーズ・シャンティー・カラメル~
※初めての方、どなたでもご参加可能です。
大好きな、一番好きな生地、しっとり、それでいて軽いダコワーズ生地。
小麦粉が入らない、というのも、ほとんどがアーモンドパウダー(スペイン産マルコナ種)という、
贅沢すぎる生地。生地の仕込みと焼成が大事。
「赤焼き」、これをどうぞ体得頂きたいです。
IMG_0738.jpg
ですので、身も蓋もありませんが、生地だけ食べても美味しいです。
いくらでも食べてしまいます(笑)

ですが、やはりクリームを挟んで召し上がるのも捨て難いですよね~、ダコワーズ好きな方はね~
はい、それ良くわかります!金箔も頂点に載せ、シックな感じに仕上げます。

今回はカラメルの焦がしが、最も重要です。
グラニュー糖を適当な赤茶色にしたカラメルでは、もはやそれは残念の極み。
ただ単純な甘ったるい、お粗末なやるせない単一なクリームになってしまいます。
生クリームなどの乳製品と合わせるわけですから、かなりきつく焦がしたカラメルしなければ
旨味となる苦みが得られないのです。
いつも思いますが、お菓子作りは想像力がとても大切です。

「おいしいか、否か」は、ここで勝敗が決まります。
大丈夫!簡単ですから!この美味しさを知ってしまったら、
カラメルの王道をひた走ることと存じます。
IMG_0734.jpg
(日時)
追加日程:1月18日(水)10時~12時半→定員となりました
1月25日(水)10時~12時半→一名さま欠員でました
26日(木)10時~12時半→定員となりました
27日(金)10時~12時半→定員となりました
28日(土)10時~12時半→定員となりました
29日(日)10時~12時半→定員となりました
30日(月)10時~12時半→定員となりました
(定員)各日2名さま
(参加費)7000円

※ご一読頂けましたら、幸いです。


2週間以降のキャンセルの場合のケーキのお渡しの件で。
大変恐れ入りますが、これからの長丁場故の体力と集中力への温存と
私が欠席の方のケーキを作成しながら、もう一人の生徒さんへの
忠実なレッスンアドバイスを衛生的に且つ、時間内で仕上げ、更にレッスンすることが
大変難しい状況となります。
以上2点の理由から、こちらでお作りしお渡しする事も含め、
差し控えさせて頂きますこと、何卒、ご理解の程、お願い申し上げます。
ですので、ゆっくり慌てず、スケジュールをご検討頂けましたら、幸いでございます。

来月2016年11月ご予約からのキャンセルおよび変更の件で。
この度、キャンセル・日時変更の場合、材料調達の兼ね合いに伴いまして、
2週間前のキャンセルまでとさせて頂くことになりました。
それ以降のキャンセルや変更は全額とさせて頂きたいと存じます。
14日前の午前8時(レッスンの準備でメールチェックが出来ない為、
以後、午前8時までとさせて頂きます。)までのお申し出となります。
例) 1月15日のレッスンの場合。1月1日午前8時の
お申し出までとなります。


昨今、当たり前に手に入っていた材料がなかなか手に入らない
状況となっています。だいぶ前に仕入れておきませんとそのシーズンには
間に合わない状況。
第一に、素材によっては、もともとの天候や気象状況、過剰な採取などで
栽培できなくなったことも一原因と思います。
次に、一斉にその素材を購入する方々の争奪戦が激しくなっている
という現状。プロ、アマ問わず、といったところかと思われます。

以上の理由から、私のほうではシーズンごと使用するものが分っておりますので
現在、2週間前から取り寄せております。
とはいえ一方で、今までの1週間前キャンセルのお申し出のスパンですと、
場合によっては大量に材料が余るというのが現状です。

とどのつまり、賞味期限の兼ね合いで
材料を破棄することになっております。

日本のみならず世界の一次産業の方が折角、手塩にかけて
作ったものを無駄にしてはいけないと考え、キャンセル規約を変更させて
頂くことに致しました。何卒、ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。
ですので、皆様のご都合御検討の上、
どうか慌てず、ゆっくり日時を決めて頂ければと存じます。

最後に、ここ数年で沢山頂くご質問を
この度まとめてみました。

よくある質問としてQ&Aでブログのカテゴリー
作りました。
ご参考頂けたら、幸いです。
上記カテゴリーは2014年2月16日に作成しておりますが
2014年1月1日にブログを転送致しました。
内容に関しましては

PCでご覧になる場合は
この画面左にあるカテゴリーの欄の
「よくある御質問Q&A」をクリックしご覧くださいませ。
尚、スマートフォンの方は2014年1月1日のブログを
遡りご覧くださいませ。

20:00:00 | 毎月のお菓子レッスン | page top↑
<< ひとつ過去の記事 | Diary | ひとつ未来の記事 >>