ダイジェスト:おいしいがうれしい~! 2015 / 11 / 12 ( Thu )
やっとクリスマスの準備が半分終わり。。。
安堵・・・は束の間!
ブログをUPする事、とんとご無沙汰しておりました。
みなさま、ステキすぎる作品ばかり!
これからも、ちゃんとお作りになった方の気持ちを反映させていきたいです。
IMG_5900.jpgIMG_5901.jpg
10月最後のモンブランは郡山のお友達同士で
いらして頂く、お二人。
日々のお忙しい中、日程調整頂き、
いつもいらして頂きます。
美しい出来栄えとパレットナイフさばきに感動。
私、洗い場にいても、ちゃんと見てますよ~

お嬢さん方がこれから海外に留学かも・・・
イギリス、イタリア・・・う~ん、フランス!?
今の学生さんが本当に羨ましいです。

お二人はじめ、フランス菓子を学びに
ことといへいらして頂く方々は
意識が高く、気さくな大人の方々。
わたくし自身、大変勉強になりますし、
重ねて御礼申し上げます。
IMG_5942.jpg
11月のスタートはやっぱりモンブラン。
なんだ、これは!!!
この完成度の高さは凄すぎて、
もう私の出番など必要ない、
そんな寂しくもあり、そして
頼もしくもあり、、、と兎に角、感動しっぱなしでした。
IMG_5943.jpgIMG_5944.jpg
均一な面取り、そして頂点の高さまで
合致しております。
初めてやる工程とのこと。
ですのに、この出来栄えは100点満点、花丸です!
IMG_6008.jpg
福島市からいらして頂いた生徒さんから
ラフランスを頂きました。とろ~んとなるまで
アトリエに寝かしております。
あの芳しい香りと滑らかな舌触りを
想像すると、すぐに食べたくて仕方がありません。
が、もうしばらく、念じながら待ちわびます。
IMG_5968.jpg
桧枝岐からもうかれこれ4年半ほど通って頂いております、Hさん。
タルト伸ばしはお手の物。私の中でタルト・クイーンであり、
ロールケーキ・クイーンです。
そのHさんから、今年夏にとれたかぼちゃと
そして今時季がおいしい大根とそして
大好きなセロリ、たんまり頂いてしまいました。
「かぼちゃのタルトの試食に使ってみて!」そう、
ご指南頂き、次の日のかぼちゃのタルトの試食は
Hさんのかぼちゃで作りました!
ほくほく、甘い、H家のかぼちゃ。
びっくりポンなおいしさに感動。
そして大根をおでんや豚バラと煮たりして
あっという間に完食!
手間ひまかけたお野菜たち。
福島家の血となり肉となりになりました。
本当にご馳走様です!
IMG_5964.jpgIMG_5965.jpg
バニラ香る生地。
りんごもバニラビーンズとシナモン、バターで
炊いたコンポートや焼きリンゴ。
底がタルト生地、リンゴのコンポートを敷き、
とろ~んな焼きリンゴを全体に並べ、
そしてケーキ生地を流し込む、
見た目以上に複合的な焼き菓子。
タルト生地がうまくリンゴの水分を吸って
ケーキ生地と同等の食感になるのは、
驚きだと思います。他にないです、このような
焼き菓子は。これを甘酸っぱいアンズで
作るとまたおいしいんですよ~
IMG_5966.jpgIMG_5967.jpg
ずっしりリンゴ3個分!
だから、皆さま箱に入れて持った瞬間、
「重っ!」と言ってしまいます。
ちゃんとした量を作ると、
スキルが身に付きやすいですし、
フランス菓子の真髄が見えてくると思います。
一番は、「おいしい記憶」こそが
はやくなんでも身に付きますよね!
IMG_5970.jpg
午後もリンゴの焼き菓子のレッスン。
毎月、複数レッスン頂いております、Yちゃん。
このお菓子、あまりの美味しさに
型ご購入即決!!!
わかります、この焼きの為なら、
このマンケ型、マトファーのマンケ型、
欲しくなっちゃう気持ち。
錫メッキで出来ているので、
焼きが思ったように仕上がります。
IMG_5969.jpg
焼きリンゴ開始!
どのくらいまで熱を通すのか、これで
旨さが変わってしまいます。
でも、レッスンして頂いた方々は
この見極め、簡単にできちゃいます。
身も蓋もありませんが、「この焼きリンゴに
アイスクリーム添えればアツアツなデザートに
なりますよ~」とお伝えしております。
これだけでも、完璧な味です。
どのくらいまで・・・焼きリンゴに・・・
水分が多いから、ぐちゃぐちゃになってしまうかも・・・
大丈夫!簡単なコツとリンゴのお菓子を作る考え方
常識を変えた内容をお伝えしますので、
どうぞ、ご期待くださいませ。
これからレッスンの方々、どうかお楽しみに~
IMG_5973.jpg
タルトタタンのコンポート。
これはキャラメルをどの程度にしていくか・・・
これですべては決まります。
生地、焼きリンゴ、甘いところに
この苦み走ったコンポートが生きてきます。
なので、手ぬるいキャラメルにしたら、
お菓子全体のバランスが崩れ、
全てが水の泡です。
が、ここもカンタンなポイント、一つだけ!

気になる方は、
11月20日→定員となりました。
先ほど欠員が出ましたので、
お気軽にご検討下さいませ。
既にレッスン頂いた方から、大絶賛頂いております。
重ねて御礼申し上げます。


IMG_5974.jpgIMG_5976.jpg
型ギリギリまでケーキ生地を流し込みます。
が、溢れずに仕上がり、こんなにこんがり、
そして焼成している間、バニラとリンゴの香りが
もうたまらなく充満。しあわせ~◎
IMG_5983.jpg
東京のお土産頂きました。
メイプルフレーバーのフィナンシェ!
あっという間に完食!
メイプルシロップってなんで
こんなに人懐っこい味なんでしょう。
一気に3個、たべちゃいました。
かわいくて美味しいフィナンシェ、
ご馳走様です!
IMG_5977.jpg
兎に角、ここまで焼きます。
ちゃんとタルト生地とケーキ生地の
境目がわかるでしょ!?
でも食感はほとんど変わらないくらいなので、
フォークだけで召し上がれます。
IMG_5980.jpgIMG_5981.jpg
遠路はるばる、仙台と福島市からいらして頂きました!
ことといに通われて、もう4年半ほどではないでしょうか。
皆様、仙台にも福島にもお菓子教室あると思いますのに
それなのに会津若松までいらして頂き、いつも感無量です。

お二人とも完璧です!白い山を連想しながら
デコレーション頂いたご様子。
標高が高く、本当に美しいモンブランに仕上がりました。
IMG_5982.jpg
これまた、とてもかわいい~~っ、お土産頂いてしまいました!
あの羊羹で有名な赤坂・とらやの
一口羊羹。びっくりポンなのが
キャラメル味や白みそ味、そしてトマト味まで
あり、どれもこれもパーフェクトな羊羹。
そして瓶にパウチされた一口羊羹と
紙袋の茶目っ気ある手提げ袋に
ノックアウト!とらや、とてもハイカラさんです。
貴重なお土産を本当にありがとうございます!

IMG_5984.jpgIMG_5985.jpg
有終の美を飾るのは現役の高校の先生と
保育園の先生。お二人は同じ大学の同士とのこと。
レッスンも笑いも意気がぴったりです!

何事にも感動の嵐!!!
私も個人的に最近、目からウロコどころか
全身からウロコなことがあったので、
これらの反応に大変うれしく思います。
楽しんでくださる、そのお姿に、
私自身、感謝感謝でございます。
IMG_5986.jpg
そしてN先生から帰り際にすてきな
手帖を頂きました。Facebookでもつながらせて頂いております、
N先生。フラダンスを踊っている動画を見て下さり、
うれしいお言葉を頂きました。
大切に使用致します!
IMG_5988.jpg
今年最後のパンプキンパイレッスン!
桧枝岐Hさんのお手製かぼちゃで
ご試食はご用意致しました。

お二人とも伸し方と敷きこみ方、お久しぶり
とのことでしたが、パーフェクト!
どう丸くするかをもう充分に知っていらっしゃいます。
IMG_5990.jpg
焼成もきちんとしていきます!
話に花が咲き、焼成しているの忘れてしまうほどでした(笑)
IMG_5989.jpgIMG_5991.jpg
不思議な、とても不思議なパイタルト。
この作り方でパイの食感になってしまうだなんて!
私も作るたびに驚き、そしてキッシュにも使えるので
なにかと重宝しております。
IMG_5992.jpg
ご試食気に入ってくださり、とても嬉しいです。
ちょっとあたためて、アイスクリーム添えても
完成度がグッと増しますよね~
この時季、ホット・ワインでも用意して
パンプキンパイで収穫を味わうなんて、
最高~!!!
IMG_5998.jpg
今年もはじまりました!贅沢スイートポテトのレッスン。
兎に角、贅沢に秘密のモノを挟み、焼き芋にするから
この味になります。これは更に秘密にしておきたい、
そんなレシピ◎
IMG_5999.jpg
卵を塗ってそれから焼成するから、こんなに美味しそうな
出来栄えになりますが・・・
IMG_6001.jpg
画像ではあまり分らないかもしれませんが
焼成後、あることをするとよりテカテカのつやつやに
なり、更に食欲をそそります。

鹿児島県の安納芋で作る贅沢ポテト。
お二人とも偶然に飲食業のプロの方同士。
素材を大切にするお二人。
そして何より作るのが好き!
これからもおいしくて良き材料を開拓して参ります!
IMG_6002.jpg
午後もスイートポテト・レッスン。
福島市から毎月いらして頂いております。
そして、東京から新幹線で、そんでもって
日帰りでお菓子教室にいらして頂いたIさん。
星の数ほどあるでしょうに東京には、お菓子教室。
だのに、在来線を乗り継いで、ことといへ
いらして頂きました。
アトリエは駅に近いので、それだけがせめてもの
救いでありますが、とはいえ、本当に
有難いことです。
IMG_6003.jpg
今年のお芋は丸っこくてずっしり。
出来上がりは勿論、更に加工しているので
お芋の皮に具を戻す時、量はだいぶ多くなっております。
が、ものともせず、皆さま、豪快に絞って頂きました。
IMG_6004.jpg
いい塩梅に焼成できました!
早速、絶賛のメールを頂きました。
美味しいものしか入れてないので、
絶対に美味しいです(笑)
是非、美味しいお芋がある時季に
再トライしてみて下さいね!
IMG_6006.jpg
東京の生徒さんから、ホテル・ペニンシュラのパティスリー
限定2本ほどしか毎日焼かない、
ヴィエノワズリーを頂きました。
このためにお店の方に一本分をカットを
お願いしたとのこと。
沢山頂いてしまったので、お裾分け。
美味しすぎて、もう、なんというか、
言葉にならないです。
口の中に全ての香りがど~んと
残る、風味良いヴィエノワズリー。
大変勉強になりました。
それと偶然にも、私が取り寄せて好んで使用している
和三盆のお土産。
これまたびっくりポンでした。
そして間違いないテクスチャーと味に感服。
一粒ずつ大切に頂きます。
本当にご馳走様です!
IMG_6005.jpg
と、そんなレッスンお時間に
喜多方の食堂つきとおひさまのオーナー五十嵐さんが
アトリエに登場!近くにに来たからアトリエに寄ってくださいました。
小菊カボチャと先月伝授したスノー・シュクレをちゃんと
ラッピングして、お土産に頂きました。
レッスンが大盛り上がりで締めくくれて、
これから充実の11月となりそうです。
IMG_6007.jpg

明日から11月後半。
秘密いっぱいレシピのリンゴの焼き菓子と
私が東京でお世話になったシェフ大絶賛の
シュトーレンに空きが出ました。→定員となりました
是非、美味しいもの好きな方、この機会を
お見逃しなく!
15:35:36 | お教室風景 | page top↑
<< ひとつ過去の記事 | Diary | ひとつ未来の記事 >>