手塩にかける味、伝える味 2015 / 01 / 20 ( Tue )
IMG_2447.jpg
昨年大好評いただきました、アプフェルシュトルーデル(渦巻きリンゴ)。
バターを沢山使用する為、限定でレッスン。
シンプルな材料ですが、奥深いお菓子です。
IMG_2449.jpg
シュトルーデル生地。
技術としては手の甲で薄く薄く、下敷きとなる
布の模様が透けるほどの薄さが特徴。
IMG_2452.jpg
とても集中するため無心になります。
なんと!10分でここまで薄くして頂きました。
全て手作業。この薄さはちゃんと生地を適宜
引っ張りつつ、だけど穴が開かないように
伸ばして頂いた賜。
IMG_2453.jpg
溶かしバターたっぷり!!!
お1人につき、130gもバター使用します。
このバターが無いと生地もパリッとしませんし
リンゴの旨味やカラメル化を引き出すのも容易ではないです。
IMG_2454.jpg
リンゴは水分が多く出ます。
その為このお菓子のポイントはフィユルンクという
詰め物をします。香ばしい味出しにもなります。
IMG_2455.jpg
シナモンもお好きに振って頂いたら、
あとは巻き巻きロール。
勿論、素手では巻きませんよ~
生地が極薄なので、手で直に巻くことは不可能なのです。
IMG_2456.jpgIMG_2457.jpg
おいしいヒミツがぎっしりと詰まったレシピ。
今年もリンゴの美味しい時季にレッスン出来て
良かったです!あとはお家で更に焼き戻して
パリパリを是非どうぞ。。。
IMG_2459.jpg
来月ご出産予定の生徒さん。
雪の中、運転してこのお菓子のために
いらして頂きました。
感無量で何も言えないほど、有難いです。
IMG_2461.jpg
下の布の模様が透けるくらい、
ちゃんと手の甲で伸して頂きました。
具はてんこ盛り!みなさん、この量は
本当に驚いて下さいます。
IMG_2462.jpgIMG_2463.jpg
成形後、ちゃんと具が見えるくらいの生地の薄さ。
そうすると本当に生地の層がパリパリになります。
薄くないと美味しさがまるで違うものになってしまいます。
IMG_2464.jpg
フィユルンクのおかげでリンゴの汁をしっかり吸い取りながら
皮もパリッと仕上がります。
リンゴが煮崩れたところがまたおいしそうです。
このウィーン菓子、シンプルだけど手間かかるけど
最高の美味しさが得られる、そんなお菓子の一つかもしれませんね。
IMG_2467.jpg
ポーチドエッグ。お湯に御酢を入れて作る
タマゴ料理。サラダやエッグベネディクトなどが
ポピュラーな食べ方かもしれません。
ことといはボリューム満点なキッシュに敷き詰めます。
IMG_2468.jpgIMG_2469.jpg
ひとつひとつタマゴ、特に卵白の張りを
お玉で確認しながらぷるんぷるんなポーチドエッグ
にしていきます。そして特製トマトソースを底へ
ぎっしり敷き詰め、こんな風な感じにします。
中身の仕掛けはこのようになっております。
IMG_2471.jpg
ホワイトソースにチーズたっぷり入っており、
これでもか!ってくらいに最後にもチーズ振り散らします。
お1人100g使用。。。カロリー、これを食べる時だけは
気にしないでいきましょう!
IMG_2472.jpgIMG_2473.jpg
どうでしょう!!!この焼成のおいしそうな色!
皆さん、本当にこのボリュームとお味に
歓声も一際大きいのでは。。。
IMG_2475.jpg
Facebookでも大変反響があり、特に飲食のプロの方々に
熱いメッセージを頂きました!
ある方は「こんな美味しそうなキッシュは今まで見たことが無い!」と。
本当に嬉しいですし、近々レッスン計画したいな~と思いました。
生地仕込み→トマトソース→ポーチドエッグ→ホワイトソースと
工程はございますが、数日間に工程を分散すれば
さほど時間はかからず出来ます。
にも増して一度食べて頂いたら、
美味しすぎてまた作りたくなること、請け合いでございます。
IMG_2514.jpgIMG_2515.jpg
ベニエ、いわゆる今回はパン生地ドーナツを
レッスン致しました。聞きなれないお菓子かもしれませんが、
じっくり発酵と向き合えば、この上ない生地のおいしさに開眼するはず。
そう豪語したい、パン(正式には発酵菓子)です。
柔らかく仕上げる水分の多いこの生地は1,5倍になるころには
お餅のような柔らかさ。故に、ガス抜きがポイントとなります。
IMG_2516.jpg
ほぼ円形にそして厚みもしっかりとある揚げあがりに
なりました。成形もしっかり丸め直し。これが目指すところです。
IMG_2517.jpgIMG_2518.jpg
揚げあがったらすぐにシナモンシュガーをまぶします。
粗熱が取れたらラズベリージャムをきっちり絞り、
バランス良い御味にしておきます。
お1人15個お持ち帰り!!!
なのでみんなでチームワークを発揮して
揚げる人→シュガーまぶす人→ジャム絞る人
の好回転が素晴らしいお時間でした。
IMG_2519.jpg
大きさはどら焼きほどの直径はあります。
揚げたてから少し粗熱が取れたくらいが
マックスに美味しいです!
一番美味しいタイミングで存分にかぶりつけるのは、
作った人の特権ですね!
IMG_2520.jpg
ひっくり返してはまたひっくり返して。
こんなにふっくらきつね色。
「この生地だけでもおいしそう~◎」と嬉しいお言葉
飛び交います!
IMG_2521.jpgIMG_2522.jpg
シナモンシュガーだけではなく、いろいろ試しても
おもしろいかもしれません、ベニエ。
私はよくバニラシュガーに揚げたドーナツをまぶします。
コクのあるキビ砂糖のバニラシュガーは
珈琲がススムくんです!

皆さま、手間暇かかるお菓子レッスン、いかがだたでしょうか?
その分お味は倍加し比例します。
最後は手の塩!?(笑)なのかもしれませんね◎





20:40:29 | お教室風景 | page top↑
<< ひとつ過去の記事 | Diary | ひとつ未来の記事 >>