注文〆切りました。シュトーレン受講生徒さんと材料に興味ある方へ*レッスンあと4名様! 2014 / 11 / 09 ( Sun )
来週末からシュトーレンのレッスン。今年のみのレッスン!
(来年は来年の風が吹きます(笑))
ご試食も早めに仕込んでバターを生地に
馴染ませておきますね!早速ですが今年のシュトーレンで使用する材料を発注かけます。

今年も製菓業者同士の材料の争奪戦を避けるため、早めの発注となります。
大変恐れ入りますが、ご希望の方は
今週末11月9日(日)18時までに
cototoi_web@yahoo.co.jpまでご連絡下さいませ。

<マジパンローマッセ>100g/税込972円
スペイン・マルコナ種の最高級のアーモンドパウダーと
砂糖を練って加工したマジパン。
ケーキにバラや葉っぱなど色粉を入れて
細工されてあるものをご存知の方も多いはず。
「味がちょっと・・・」と思われているのでは、
ないでしょうか。通常細工用のマジパンと
お菓子の生地に練り込むタイプと2つに分類されています。
細工用はアーモンドパウダーと砂糖の比が1:2または1:1です。
ですが生地に練り込むタイプ、つまりマジパンローマッセは
アーモンドパウダーと砂糖の比が2:1なので濃厚
そのまま食べてもアーモンドの種子の香りがフルーティーで
驚きのおいしさです。
100gで5回作ることが出来ます。賞味期限は2015年2月3日ものが届きます。
発注先
東京・代官山イルプルシュルラセーヌさん→http://item.rakuten.co.jp/ilpleut/ya018m/

<フロマージュ・ブラン>500g/税込1300円~1625円
(発注のタイミングにより変動します、ご了承下さいませ)
正統派のドイツ式シュトーレンは生地にクワルク(クヴァルク)という
フレッシュチーズを使用します。日本にはなかなか入ってこないようです。
クヴァルクチーズに似ているけど、もっと贅沢でおいしいチーズを
使用して作ります。そのまま食べても美味しいです。
ヨーグルトより酸味が無く、それでいて濃厚でクリーミーです。
このチーズを使用しなくとも作れるレシピにしてありますが、
俄然味の違いがあります。

フランス・ノルマンディー地方は酪農がさかんです。
電車で旅すると、牛があちこちにおいしそうに
自然の草をむしゃむしゃ食べている光景を
よく見ます。そのまま電車で行けば世界遺産モン・サン・ミッシェルです。
リンゴも特産、バターも特産、塩、もう美味しいものだらけの
ノルマンディー。この地方のイズニーと共同開発
北海道タカナシ乳業さんが作った、製菓業界では
もっともポピュラー。そして、おいしいです。

おっと〜、大事な料理を忘れてました!
アルザスの料理で、タルト・フランベという一見ピザみたいな料理があります。
ピザでは無い!とフランス人にピシッと
訂正をくらいます。
ピザとは違う理由はフロマージュブランを
使い、ホワイトソースを生地にのっけて焼く…近い感じの料理です。ピザよりあっさりで、デザート系や食事系など様々です。
アルザスワインがよく合います。

500gで5回作ることが出来ます。
賞味期限は25日間前後の商品が届く予定です。
一度に発注致しますので、ある程度の誤差はご了承くださいませ。
発注先
北海道タカナシ乳業さん→http://www.takanashi-milk.com/shopdetail/003000000014/order/

どちらも自分で確かめた本当においしい、秀逸な材料です。
クリスマス前に是非、シュトーレン自分のモノにして頂けましたら、本望でございます。

11月16日(日)→12時~定員と鳴りました
12月9日(火)→12時~あと一名さま
12月10日(水)→12時~2名さま予約可能です。
12月11日(木)→12時~2名さま予約可能です。

18:27:27 | ことといたより | page top↑
<< ひとつ過去の記事 | Diary | ひとつ未来の記事 >>