古巣アルザスの味 2014 / 06 / 01 ( Sun )
IMG_0574.jpgIMG_0575.jpg
おいしい週末レッスン。
主成分として水を使わないこの濃厚な生地。
少しべたつきますが、卵とバターの配合が多い
ブリオッシュ生地ならでは。焼いた後の香りが
断然違います。
IMG_0576.jpgIMG_0577.jpg
昨年同様、「想像以上のおいしさ~」、「あっという間にたべっちゃた!」と
嬉しいお言葉頂きました。昨年3月に古巣のアルザスへ研修へ。
アルザスではデニッシュ系、ブリオッシュ系に糖掛けをする
パン屋さんやお菓子屋さんが多い地域。
私の20代の思い出の味です。
会津もとより、県内には売っておらず、
本当においしいものは自分で作るしかないな~と
改めて思う、そんな発酵菓子です。
IMG_0583.jpgIMG_0584.jpg
お菓子やパン。確かに手間がかかるものは沢山あります。
手塩にかけた分だけ熟練すれば必ずおいしいです。
ですが、手軽さやおいしいさの幅ってあってよいと思います。
焼きっぱなしのお菓子の良さ、生菓子のように
鮮度など気を遣うお菓子。発酵の見極めが誰もが
職人気質になるお菓子。
IMG_0585.jpgIMG_0586.jpg
人懐っこいお菓子。ご家庭でハレの日に作って頂くお菓子。
元気がないときに元気になるための自分のためのお菓子。
そんなお菓子とパン作りレッスンに
フランスで得た経験をもとに、
これからも全てをオリジナルレシピで
沢山のご家庭に届けたいです。
そう思うわせてくれる私のアルザス菓子。

昨年も含め、ブリオッシュ・スイスレッスンへ
いらして頂いた生徒さん方々、
アルザスの真髄少しでも感じて
頂けましたら、幸いでございます。
そして大変感謝申し上げます。
08:45:50 | お教室風景 | page top↑
<< ひとつ過去の記事 | Diary | ひとつ未来の記事 >>