往年のシャンソン枯葉のように 2013 / 11 / 18 ( Mon )
IMG_7811.jpgIMG_7812.jpg
渋いセレクトですが、シャンソンと言えば
「枯葉」を一番に連想します。
そのメロディーラインはまさに晩秋を
思わせるいぶし銀な世界観。パリのムッシュが
トレンチコートの衿立てて、カフェで珈琲片手に
タバコでむせぶ。。。みたいな情景を勝手に想像しております。
通勤時、枯葉に遭遇。レッスン時、シュトーレンの生地が
落ち葉の絨毯のように見えました。
IMG_7813.jpgIMG_7814.jpg
かわいく芳しく出来たシュトーレンに
粉砂糖でお化粧を。。。といっても厚化粧して頂きます(笑)
というのも、しっかりと発酵バターでコーティングし
砂糖で加工しないと1ヵ月近く日持ちしないからです。
これをしっかりしておくと、最後の一切れまで
やわらかくしっとり召し上がれます。
固い!ってイメージは払拭されること間違いなしです。
IMG_7815.jpg
黒のボックス、なかなかいいでしょ?
「きれいにして又使いたい!」と生徒さんに
おっしゃって頂けてうれしいです!
12:02:49 | お教室風景 | page top↑
<< ひとつ過去の記事 | Diary | ひとつ未来の記事 >>