7月と8月のレッスン風景ダイジェスト! 2016 / 08 / 15 ( Mon )
残暑お見舞い申し上げます。
もう秋日近づいておりますのに、7月のレッスン風景を
ブログへUP出来ず、頓挫。。。
あっという間に8月も後半。
ブログを楽しみに頂いております皆さま、
どうか末永くお付き合いの程、宜しくお願い致します。

ブルーベリータルトでは今年もkimie's farmさんのブルーベリーで
お力を頂きました。酷暑中、ご尽力に改めて感謝申し上げます。

7月はさくさくシュークリーム、ケーク・サレ、ブルーベリータルト、
洋ナシのブリュレ風、8月はフロランタン、メロンのケーキ、
アプリコットとピスターシュのタルト。
オンパレードに涙・・・
IMG_9318.jpg
IMG_9259.jpg
IMG_9350.jpg
皆様にお土産、自家製のお野菜、果物、白河の美味しいお肉、パンなど沢山のお土産を頂きました。
皆様が手塩にかけたお野菜やブルーベリー、などなど画像に収まり切れない
程のお土産は丁寧に合掌し頂きました。大変美味しいものを心からご馳走様でございます。
IMG_9047.jpg
IMG_9321.jpg
IMG_9323.jpg
IMG_9325.jpg
IMG_9327.jpg
IMG_9330.jpg
IMG_9331.jpg
IMG_9335.jpg
IMG_9337.jpg
IMG_9446.jpg
IMG_9448.jpg
IMG_9450.jpg
IMG_9452.jpg
IMG_9454.jpg
IMG_9456.jpg
IMG_9458.jpg
IMG_9460.jpg
IMG_9462.jpg
IMG_9464.jpg
IMG_9466.jpg
IMG_9468.jpg
IMG_9470.jpg
IMG_9472.jpg
IMG_9474.jpg
IMG_9476.jpg
IMG_9478.jpg
IMG_9480.jpg
IMG_9482.jpg
IMG_9484.jpg
IMG_9485.jpg
IMG_9551.jpg
IMG_9553.jpg
IMG_9555.jpg
IMG_9557.jpg
IMG_9559.jpg
IMG_9561.jpg
IMG_9563.jpg
IMG_9565.jpg
photo by Oさん&Rさん
IMG_9566.jpg
18:45:14 | お教室風景 | page top↑
定員となりました→メロンのケーキ欠員情報。 2016 / 08 / 13 ( Sat )
8月21日(日)12時~メロンのケーキ
一名さま欠員が出ました。→定員となりました 8/15現在
今夏限定のケーキ。
ご家族の歓声もひときわ大きい、ふかふかケーキ。
23:15:33 | ことといたより | page top↑
9月メニュー告知 2016 / 08 / 13 ( Sat )
IMG_9440.jpg
もう暦は立秋。
というのにこの猛暑。
秋のお菓子をそろそろ考えなくては・・・
想像と焦りの今夏。
試作を重ねた秋味がやっと出来ました。

明日8月14日(日)19時丁度、同ブログにて
9月メニューとスケジュールをUP致します。

どうぞよろしくお願い致します。
23:13:24 | ことといたより | page top↑
8月のメニュー&スケジュール 2016 / 08 / 05 ( Fri )
元気いっぱいの夏!
少し酸味のあるものや瑞々しいものが恋しくなります。
お菓子にもそのテイストを組み込みました。
テーマは「盛夏の製菓」。
どうぞよしなに。。。
IMG_9218.jpg
<ベーシッククラス>~アプリコットとパッションフルーツピューレのシフォン~
※初めての方、どなたでもご参加出来ます。
IMG_9219.jpg
私は無類のパッションフルーツ好き。
半分に割って、スプーンでほじくって
あっというまに平らげてしまう甘酸っぱい
芳醇なフルーツ。毎年、数個ですがスーパーで
見つけては買い込みます。
今回はフランスのピューレ屋さんで加工された
ピューレを取り寄せます。シフォンケーキは通常牛乳を
入れますが、その代わりにピューレを使用します。
正直、具は何も入れなくとも、そして生クリームなんて
添えなくとも十分に香り豊かなパッションフルーツ味の
生地に仕上がります。
IMG_9216.jpgIMG_9215.jpg
ですが、敢えて今回は夏の果物のアプリコット(アンズ)を
沢山入れて、最高の味の組み合わせにしたいと思います。
味のしっかりした良質のトルコ産ドライアプリコットを使用します。
1日洋酒で漬け込みますので、これはこちらでやっておきます。
勿論、レシピは付けますのでご安心を。1日漬け込むと柔らかく、
でも少々の繊維を感じる食感になります。
IMG_9214.jpg
実は、比重が重くなる具は焼成中に下に沈みます。
ですが、混ぜ方のテクニックで全体的にまんべんなく混ぜていく
シフォンケーキです。混ぜ方の確認、レパートリーを増やしたい方、
是非、トライしてみてはいかがでしょうか?

※レッスン中に冷めない為(冷めないと型から外せないです。
無理矢理外すと折角のケーキが萎みます)、
・アルミのφ17㎝シフォン型お持ちの方はご持参くださいませ。
格段に焼きが良いです。
・もしご購入希望の方はご予約時、お申し付けくださいませ。
お値段は4千円弱ほどです。
・シフォン型お持ちでなく、購入もご希望でない方は紙の型を
ご用意致しますので、ご予約時、お申し付けくださいませ。


(日時)8月5日(金)10時~12時→定員となりました
9日(火)10時~12時→定員となりました
28日(日)9時~11時→定員となりました
(定員)各日2名さま
(参加費)5500円
※パッションフルーツの冷凍ピューレ
(税込250g850円弱。冷凍できるので作りたい時、作ることが出来ます。)と
ドライアプリコット(税込150g400円弱)
ご注文の方はご予約の際、お申し付け下さいませ。
尚、ピューレが無くとも牛乳で作って頂ければケーキ自体は出来ます。


IMG_1120.jpg
※初めての方、どなたでもご参加出来ます。
追加日程有り!
<べーシッククラスその2>~フロランタン~「またレッスンやってください!」のお声があり、
このベーシックなナッツとヌガーの焼き菓子をレッスン致します。

おいしいサブレ生地にアーモンドたっぷりの
フロランタン。砂糖類、はちみつ、生クリーム、バターを
煮詰めて作る、ヌガーが香ばしい焼き菓子。
好きな形にカットできるのもプレゼントにもってこい。
ちゃんと冷めるまで、少々お待ちを~
果報は寝て待て!待った方だけが
パッリン、と割れ、カリカリな食感。
やめられない止まらない、
おいしさになること請け合いです。

(日時)追加日程8月4日(木)10時~12時→定員となりました
追加日程8月11日(祝・木)9-11時定員となりました
8月20日(土)9時-11時→定員となりました
21日(日)9時~11時→定員となりました
(定員)各日2名さま
(参加費)5000円


追加日程有り!<クラシカルクラス>~ケーク・サレ~

フランス菓子など嗜好品の大好きな方で呑んベイの方は
やはりこのアペリティフに合う、おつまみ、大好きですよね!
こちらも好評につき、レッスン致します!
IMG_8825.jpg
※初めての方、どなたでもご参加可能です。特に初めての方におススメです
IMG_8818.jpg
ケーク・サレは塩っ気の効いた甘くない、
パウンド型に入れて焼く惣菜ケーキ。
おかずケーキ、又はおつまみと言えばよいでしょうか。

少しだけ前置きを。。。
フランスではアペリティフの時やちょっとした軽食に
よくママンがこしらえます。パティスリーにもお惣菜のカテゴリーとして
キッシュやカナッペの延長で売っています。

そもそも本来のパティスリーではこのようなお惣菜も揃えて
はじめてパティスリーと言えます。
語源はパテからきており、お肉ベースのお惣菜パテなどを作ることをはじめ、
なんでも作らなければいけない言わば万屋、なんでも屋さんなのです。
ですので、パティスリーで修行しますと、生菓子、焼き菓子、
パン、糖菓子(ジャム含む)、ショコラ、アイスクリーム、惣菜(サラダを含む)、全て必須、
取得せねばなりません。

ちなみにシャルキュトリー(パテやテリーヌを売っている専門のお店)でも
ケーク・サレ売っております。
IMG_8819.jpg
ことといではまずバターを使用しないケーク・サレを作ります。
「えっ!?あんなにバター好きの嗜好品好きな人がバター不使用!?
どうかしたのかしら!???」(笑)と私を知っている生徒さん方々は思われるかもしれません。

全く問題無しです!大丈夫です!バター使用しない代わりに旨味たっぷりの
摩り下ろしたスイス産のグリュイエールチーズをしこたまぶん蒔きますので
パンチ効いた生地です!そして、フランス産くるみオイルを使って、
香り良く仕上げます。(オリーブオイルやグレープシードオイルなどでも
おいしく作れます。)
ガルニチュール(具材)は、生ハム、玉ねぎ、白ワインに漬けたドライ・トマト。

そしてすぐに召し上がらず1日冷蔵庫で休ませてから召し上がってみて下さい。
軽く温めても美味しいですが、夏場冷たくしてもしっかり味が濃いので
おいしいです。固くもなりません。冷蔵庫保存なので大きく作って
作り置き出来ます。急な来客でもこのケーク・サレがあれば
1センチほどに切って、お出ししたら、とても喜ばれると思います。

画像はシトロン・プレッセと頂くイメージの画像にしましたが、
真夏の暑い日、良く冷えたビール又は
モエシャンなどの正統派のシャンパン
などのシュワシュワ系で
是非、ご堪能くださいませ。
※ご試食ご用意致しますね。
レッスンは致しませんが、ご試食用にもう一品ケーク・サレご用意したいと思います。
IMG_8820.jpg

(日時)8月30日(火)10時~12時→定員となりました
追加日程8月27日(土)9時~11時→あと一名さま
31日(水)10時~12時→定員となりました
(定員)各日2名さま
(参加費)7000円

IMG_9206.jpg
追加日程有り!
<クラシカルクラスその2>~アプリコットとピスタチオクリームのタルト~
※初めての方、どなたでもご参加出来ます。
特にベーシックな生地の敷きこみとダマンドクリーム作りを体得したい方、復習したい方におススメです。


心に秘めていた味。フランスの夏の定番、アプリコットとピスタチオの組み合わせ。
これぞ、まさに、鉄板!!!
フランスではムースやアイスクリーム、そしてタルトにこの組み合わせをよくします。
この組み合わせは、マリアージュ。最高の相性です。
IMG_9208.jpg
ピスタチオと言ってもあのおつまみ用のローストしたものではありません。
製菓用に業務用圧縮ローラーでそのままペーストにしたもので、
何とも言えない香ばしく、種子の香りがフルーティーな緑色のナッツペースト。
ずぅっ~っと以前からこのタルトをレッスンしたかったのですが、
なにせ材料がお高いのです。
イタリアのシシリー産のピスタチオペーストで作るダマンドクリームと
トルコ産のドライアプリコットをマダガスカル産のバニラで炊いてコンポート。
IMG_9213.jpg
そして焼成後すぐに自家製アプリコットのソースで照り出し。
とにかく両方の材料をしこたま使います。
おいしい秀逸な材料で作ることに意義あり!
私が作るタルトの中で一番豪華かもしれません。
フランス菓子にどっぷりつかりたい方、おススメです。
IMG_9076.jpgIMG_9210.jpg

IMG_9209.jpg

(日時)追加日程8月11日(祝・木)12時~14時30分→定員となりました
追加日程8月17日(水)10時~12時30分←定員となりました
8月22日(月)10時~12時30分→定員なりました
23日(火)10時~12時30分→定員となりました
25日(木)10時~12時30分→定員となりました
27日(土)12時~14時30分→定員となりました
28日(日)12時~14時30分→定員となりました
(定員)各日2名さま
(参加費)8.500円
※予めタルト生地は仕込んで置きます。
尚、レシピはお付けしますのでどうかご安心を。
※アプリコット(税込150g400円弱)、ピスタチオペースト(税込60g2000円弱。2回分作れます。)
ご注文の際はご予約の際お申し付けくださいませ。



IMG_9204.jpg
<夏の特別メニュー>~メロンのカルディナール・シュニッテン~
※初めての方、どなたでもご参加出来ます。
久々のウィーン菓子。この白と黄色のしましまケーキ生地で
クリームをサンドした、ウィーンのクラシカルな生菓子。
IMG_9212.jpg
通常はホイップクリームに珈琲を混ぜたものですが、
折角美味しいフルーツがある季節。
「メロンで作ろう!」そう、決めました。
IMG_9203.jpg
IMG_9205.jpg
生クリームだけで構築しようとすると形が崩れやすいです。
その為、4月にレッスンしたサントノレ・フレーズでレッスンしたタイプの
バニラビーンズたっぷりのクレーム・ディプロマートでメロンと相性良く、
ケーキカットしやすく、おいしい!クリームに致します。
兎に角、メロンによく合います。
IMG_9200.jpg
そして、デコレーションはショコラのトリュフを作るときのくり抜く道具ボーラーで
丸くかわいく抜いて頂きます。
しっかり冷やしてから3~3,5センチにカット。ケーキフィルムで巻いて
お店のような感じでお持ち帰り頂きます。ケーキカットも勉強です。
IMG_9202.jpgIMG_9201.jpg
両端は少しカットして6個にカット。カットした切れ端はどうぞレッスン中に
つまみ食いしてくださいませ(笑)
(日時)8月12日(金)10時~13時→定員となりました
16日(火)10時~13時→定員となりました
19日(金)10時~13時→定員なりました
20日(土)12時~15時→あと一名さま
21日(日)12時~15時→定員となりました
(定員)各日2名さま
(参加費)7000円
※メロンが時季によって品種の変更やオレンジの果肉のメロンに
変わるかもしれません。予めご了承くださいませ。
とはいえ、プリンスメロンではレッスン致しませんのでご安心を。
※保冷剤ご持参願います。
IMG_9193.jpg


※キャンセル・変更について。
7日前の午前11時(レッスンの準備でメールチェックが出来ない為、
以後、午前11時までとさせて頂きます。)
までのお申し出でキャンセル・変更料金はかかりません。
それ以降は全額となること、再度お願い申し上げます。
例8月8日のレッスンの場合。8月1日午前11時の
お申し出までとなります。


最後に、ここ数年で沢山頂くご質問を
この度まとめてみました。

よくある質問としてQ&Aでブログのカテゴリー
作りました。
ご参考頂けたら、幸いです。
上記カテゴリーは2014年2月16日に作成しておりますが
2014年1月1日にブログを転送致しました。
内容に関しましては

PCでご覧になる場合は
この画面左にあるカテゴリーの欄の
「よくある御質問Q&A」をクリックしご覧くださいませ。
尚、スマートフォンの方は2014年1月1日のブログを
遡りご覧くださいませ。


20:00:06 | 毎月のお菓子レッスン | page top↑
 | Diary |