カテゴリー追加致しました 2016 / 01 / 28 ( Thu )
毎月の進捗情報が簡単に検索できるように
ブログ内に「毎月のお菓子レッスン」という
新カテゴリーを作りました。
ご参考になりましたら、幸いでございます。
22:50:53 | ことといたより | page top↑
1/29現在/定員となりました。2月ご予約進捗情報 2016 / 01 / 28 ( Thu )
お菓子作りの定番。カフェの定番。レストランの定番。

ガトーショコラはお菓子作りでは外せない焼き菓子。
もはやお店で買うものではなく、作らなければ本当の
美味しさは得られないと言っても過言ではありません。

作り方は古びた作り方ではありません。
例年、どなたも同じように仕上がりますし、
秀逸なクーベルチュールで仕上げますので、
間違いのない美味しさです。
追加日程致しました。
是非、プロの、いや
プロ以上の出来栄えを体得していってくださいませ~
IMG_6320.jpg
<ベーシック・クラス>
>~クラシック・ガトー・ショコラ~※初めての方、どなたでもご参加可能です。
賞味期限常温で余裕で1週間ほど日保ちしますが4~5日で
召し上がるのが最高においしいです。
少しオーブンで温めてホイップクリームを添えると更に完成度が増します。

バレンタイン焼き菓子の定番であり、誰もが一度は
食べたことがあるお菓子、ガトー・ショコラ。
パティシエ業界も日々進化しておりますが、
その一つがこの焼き菓子。

試作を重ねたアーモンドプードルが入った、
上面がへこまないガトショコ。
通常ガトーショコラは上面がくぼみ円周も食い込んだように焼き上がります。
決して寸胴には仕上がらないケーキなのですが
あることに気を付けると円柱型に形良く仕上がります。
作り方のコツが目からウロコのケーキ。

もはや、凹むガトー・ショコラは時代遅れ・・・かもしれません。
美味しくて形がキレイは当たり前!
プレゼントの完成度が高まりますし、貰って嬉しいです。

毎年皆様に出来栄えと作り方に驚愕頂いている、
このガトー・ショコラのレシピも連続3年目。
ことといの殆どの生徒さんは
この革新的な作り方をマスターしております。
たった3日間のレッスンですが気になる方!
今年を最後とさせて頂くこのレシピを
どうかお楽しみに・・・

(日時)2月2日(火)10時~12時→定員となりました
追加レッスン6日(土)10時~12時→定員となりました
6日(土)12時~14時→定員となりました
11日(祝・木)10時~12時→定員となりました
(定員)各日2名さま
(参加費)7000円

IMG_6697.jpg
2月12日(金)10時~のフォレノワールレッスン
定員となりました。
シュワシュワなショコラ、口どけをどうかお楽しみに~♪
デコレーションのナッペも練習できますよ!
22:25:17 | ことといたより | page top↑
ご予約終了致しました。1day Lesson@the 10th floor 2016 / 01 / 25 ( Mon )
素敵なお知らせがありました。
イタリアのバラジャムや
ハチミツも購入出来ちゃう、
レッスンになりました。
アトリエデュバンさんでは
ワインのあれこれが揃っているから
ご厚意でご用意頂けることになりました!
いらして頂ける方、早いもん勝ちです!

IMG_6727.jpg
今年初の出張お菓子教室the 10th floorのアトリエで
バレンタインレッスンを1部制で開催いたします。
ワインのエキスパート、
郡山市でワインショップを経営されている
加藤洋子さんもレッスンへいらして頂けます。

加藤洋子さんは
ワインアドバイザー。
郡山でワイン・ショップAtelier du vinアトリエ・デュ・ヴァンを経営。
東部ガスにてワイン講師。
現在、専属ワインアドバイザーとして東山温泉いろりの宿芦名他、
ワイン道を広める為、県内を行脚していらっしゃいます。
IMG_6751.jpg
レッスンは焼き菓子2種。
昨年ことといでもレッスンしました、
チョコチップ、千葉県産ピーナツペースト、オートミール,コーンフレークの入った
ザクザク具沢山なアメリカンクッキー
オレンジピールのビスコッティのチョコ掛け
2品を作ります。
IMG_6752.jpg
ほぼデモンストレーションになるかもしれませんが
成形や生地づくりお手伝いしてみたい方、
是非サポート頂いて大丈夫です。
勿論、見ているだけでも大丈夫ですよ!
とにかく、気軽に簡単にレッスンしたいと思います。
IMG_6753.jpg
ご試食の間は加藤洋子さんの
「ワインのちょっとイイ話とワイン販売」を致します。
販売はリーゾナブルなものからプレゼント用までを
取り揃えて頂きます。いずれにしてもお求めやすい価格です。

ご試食後、手の空いている方から
少々ですがレッスンしたお菓子を
簡単にラッピングを各自して頂きます。

(日時)2月1日(月)10時~12時
(参加費)3800円(レッスン代、材料費代、簡単なレシピ、お土産代込み)
(定員)12名さま
(応募方法)
①cototoi_web@yahoo.co.jpへメールでお願い致します。

②お名前、当日ご連絡できるお電話番号をお知らせくださいませ。

③参加人数が複数の場合、代表者のお名前とご参加頂ける方のお名前をお願い致します。
尚、お電話番号は代表者の方のみで結構です。

(場所)the 10th floor 会津若松市某所
詳しい住所はご予約完了後、レッスン日3日前になりましたら
メールで住所と駐車場の簡単な地図を送信致します。

(キャンセルの件)1月27日(水)午前8時までのお申し出まで
キャンセル料金はかかりません。それ以降は材料調達の兼ね合いと
仕込みの関係で全額となります。何卒ご了承くださいませ。

(宜しければ・・・)お名刺交換される方は遠慮なくご持参くださいませ。

22:26:00 | ことといたより | page top↑
くるみのタルト好きはフランス菓子好き 2016 / 01 / 25 ( Mon )
アンガディーネというフランス・ドフィーネ地方や
ロレーヌ地方の伝統菓子。
皆様、完璧な伸ばしとヌガー作成!
全てはヌガーの炊き方に真髄があります。
この生地だけでも美味しいですが
濃厚な柔らかいキャラメルヌガーの旨味が
相乗効果で旨味を感じます。
クルミの香ばしさと相まって、咀嚼で更に旨味倍化!
是非、秋冬のご家庭の定番になりましたら、
これ幸いでございます。
皆様、ステキすぎるタルト作り!
私も清々しい気持ちでいっぱいです。
IMG_6829.jpg
IMG_6831.jpg
IMG_6832.jpg
IMG_6833.jpg
IMG_6834.jpg
IMG_6835.jpg
IMG_6868.jpg
IMG_6869.jpg
IMG_6870.jpg
IMG_6871.jpg
IMG_6872.jpg
IMG_6873.jpg
IMG_6883.jpg
IMG_6874.jpg
IMG_6875.jpg
IMG_6876.jpg
IMG_6877.jpg
IMG_6878.jpg
IMG_6879.jpg
IMG_6880.jpg
IMG_6881.jpg
IMG_6882.jpg
22:18:16 | ことといたより | page top↑
≪パウンドケーキの知らない世界≫ 2016 / 01 / 19 ( Tue )
レッスン頂いた方のみぞ知る、《パウンドケーキの知らない世界》。
バニラのパウンドレッスン大成功に終了◎

この超ベーシックな焼き菓子。
根拠の無い迷信めいた事も多く、
皆様も作り方に困惑するお菓子の一つではないでしょうか…

このケーキを体得された事は、今後製菓に触れる上で大変大きな収穫です。
美味しい焼菓子がコンスタントに出来る事は勿論、
他の焼菓子もレシピさえ見れば出来てしまうほど、
パウンドケーキというのは応用に直結しております。

ベーシック、疎かには出来ない事、改めて痛感致します。
IMG_6761.jpg
かわいい製菓道具。このゴムベラに出会ってかれこれ3年。
メイドインジャパン。道具の街新潟産。アイワ工房で検索下さい。
楽しいラインナッブですよ!
IMG_6755.jpg
IMG_6756.jpg
IMG_6757.jpg
IMG_6758.jpg
IMG_6759.jpg
IMG_6775.jpg
勝手にマイブーム。こんな用語あるか分かりませんが、
ポタニカル・ラッピングと命名。手作りレモンのオーナメント。
レモンを乾燥させて作りました。
IMG_6777.jpg
IMG_6778.jpg
IMG_6779.jpg
IMG_6780.jpg
IMG_6760.jpg
IMG_6781.jpg
IMG_6782.jpg
IMG_6798.jpg
IMG_6799.jpg
IMG_6800.jpg
IMG_6801.jpg
IMG_6802.jpg
IMG_6803.jpg
膨らみは自然に出ます。
オーブンから取り出して、
ナイフで中心を割くようなことは、決してしません!
むしろ、あり得ない!
IMG_6804.jpg
IMG_6805.jpg
IMG_6806.jpg
IMG_6807.jpg
IMG_6808.jpg
IMG_6809.jpg
IMG_6810.jpg
IMG_6811.jpg
10:55:27 | お教室風景 | page top↑
新春焼き菓子ガレットデロワ無事終了! 2016 / 01 / 15 ( Fri )
新春にふさわしい焼き菓子、ガレットデロワ☆
東京では既に馴染みのあるお菓子で
予約もバンバン取っているとか。
1月6日に食べるお菓子ですが
新春は7日からスタート(笑)
皆様の力作!
ダイジェスト版、どうぞご覧くださいませ~
IMG_6557.jpg
新しい年になりました。
初仕事はお年賀づくりとパイ生地づくりから
始まりました。1月にいらして頂いた方全員に
クッキーのお年賀をお渡ししております。
複数いらして頂く方々はその都度でございます。
IMG_6561.jpg
初日から大成功のガレットデロワ☆
幸先良いです!
IMG_6563.jpg
パイのばしと模様書きは集中力大事です!
IMG_6565.jpg
完璧な出来ばえ!
IMG_6592.jpg
おいしそうでしょう~♪香りも伝わって来るようです。
IMG_6567.jpg
IMG_6568.jpg
IMG_6569.jpg
本場フランスと全く同じにしてみました。
王冠とフェーブは必須。
IMG_6570.jpg
ご試食は焼き立てのショソン・ナポリタンで。
濃ゆい珈琲と共に。
IMG_6571.jpg
2日も大成功!フリーハンドで模様付け!スゴイ!
IMG_6573.jpg
鼻息留止めるくらい集中!
IMG_6575.jpg
塗り卵もパイ生地の切り口に付かないよう気を付けながら塗り塗り。
IMG_6576.jpg
このような帽子型が・・・円柱型に焼き上がるなんて・・・
受講皆さま、驚愕されてました!
IMG_6577.jpg
ナポリタンの成形。ナポリタンはただカスタード入れた
パイではないです。クレーム・ナポリテーヌという
美味しいクリームをいっぱい入れます。
IMG_6578.jpg
IMG_6579.jpg
IMG_6580.jpg
丸く円柱に素晴らしい!この当たり前のことが
いかにいろんな事を知っていないといけないか!!!
皆様、目からウロコのご様子でした。
IMG_6622.jpg
パイの浮きも5㎝以上上がっています!
IMG_6582.jpg
アツアツ、サクサク焼き立てナポリタン!
長丁場の疲れもホッとされた瞬間です。
IMG_6584.jpg
そして福島から西会津からもいらして頂きました。
IMG_6585.jpg
ガレットデロワを召し上がったことが
有るとのこと。とても貴重です。
IMG_6586.jpg
IMG_6587.jpg
完璧に弧を描いて頂きました。難しそうに見えますか?
いいえ、みなさん、簡単!とおっしゃいます。
IMG_6588.jpg
IMG_6589.jpg
IMG_6591.jpg
皆様、パーフェクトでウレシイデス!
丸く焼けています!これってすごい事なんですよ~
IMG_6592.jpg
沢山作りました。ガレットデロワの切れ端を2番生地とし
なんとか皆さまに成形頂きました。あっぱれ!
IMG_6594.jpg
IMG_6595.jpg
円満の笑み。脳裏に焼き付いています。
IMG_6599.jpg
すてきな貴重なスモーク塩を頂きました。
とてもおいしくてソーセージが特におススメ!
アテのバリエーションが増えました。
勿体ないのでちびらちびら頂きます。
本当にご馳走様です。
IMG_6600.jpg
そして全て自家製の干し柿を頂きました。
美味しいのは勿論、もはや芸術品です。
面取りと言い、工程と言い・・・
一口で頬張るなんてできません!
一口一口丁寧に戴きました。
手間ひまかけたお味、本当にご馳走様です、
IMG_6602.jpg
埼玉から喜多方からいつもいらして頂いております。
IMG_6603.jpg
餃子の皮づくりに通ずるところあります。
IMG_6604.jpg
こんなにたくさん仕込みました。
IMG_6606.jpg
IMG_6610.jpg
IMG_6611.jpg
完璧☆言う事無しです!
IMG_6613.jpg
お~!!!シェル貝になりました!
IMG_6614.jpg
舌で転がして味わって頂きました。まるで利き酒のように。
IMG_6629.jpg
おいしいBAKEのチーズケーキを頂きました。
少しレンチンするとおいしんですよね~御粥みたいなタルトで
かなり新食感!それとソウルのお土産、白菜、大根、ニンジン。
長旅、大荷物、申し訳ないほどです。丁寧に戴きます。
本当にご馳走さまです!
IMG_6615.jpg
最終日もちゃんと帽子型に成形頂きました。
フェーブもしかっり忍ばせました。
IMG_6617.jpg
IMG_6618.jpg
集中の連続。いいですね~
IMG_6619.jpg
爆発せずちゃんと膨れ上がりました。
IMG_6620.jpg
まん丸でこちらも完璧!
IMG_6622.jpg
IMG_6624.jpg
良い色に焼けたでしょう~きれいに模様を付けて頂いたので
そのままくっきり出ます。
IMG_6625.jpg
ご試食おいしい!と唸っていました(笑)
IMG_6626.jpg
IMG_6627.jpg
IMG_6628.jpg
ちゃんとシェル貝になったのもあってよかったです!
ナポリ名物のシェル貝。
そこからこのお菓子は作られております。

このパイ生地は大量のバターを使用致します。
勿論、マーガリンなど入っている偽バターではなく
生乳100%のバターです。ことといでは
どんなお菓子のレッスンにも生乳100%のバターしか絶対に使いません。
自分の舌がおかしくなるようなネジまがったものは
自分をダメにします。要するにそこは自分の魂売ってはいかん!と思います。

今年も美味しいものを皆様に届けられましたら、
人生本望です。
22:00:45 | お教室風景 | page top↑
2016年新春1月メニュー&スケジュール 2016 / 01 / 15 ( Fri )
ダロワイヨ パリ本店

(クリックしてのぞいてみて下さい。飽きずに1時間は見ちゃいますよ!)

フランス・パリへ行ったら絶対食べたいケーキのひとつオペラ。
現在も人気の高いチョコレートケーキは
老舗パティスリー・ダロワイヨが考案。
HP添付しました。
すごくきれいなお菓子ばかり。うっとりです。

ガチなフランス生菓子オペラ。
生菓子なのに冷凍保存できちゃいます。
常温に戻して、こっくりとしたコーヒーモカクリームを
味わう上等なお菓子。
IMG_2380.jpg
<バレンタイン準備企画>
※初めての方、どなたでもご参加可能です。

~Opéra cafe コーヒーのオペラ~※大きさは縦9×横18㎝8カット分のアントルメです。
フランス菓子の代表格オペラ。
昨年はキャラメルのバタークリームでしたが
今年は正統派のコーヒーのバタークリームです。
パリにあるあのオペラ座です。
諸説ござますが、オペラ座近くの
パティスリー「ダロワイヨ」が考案、
はたまた「ルノートル」だという説。
金箔を使用する理由はオペラ座の屋根のてっぺんにある
アポロン像が金色だから・・・とか。
いずれにしても、贅の極みのケーキです。
IMG_2393.jpg

※キャラメル味のバタークリームと書いてあるところが
今年はコーヒー味のバタークリームになります。


オペラというお菓子の特徴は①生地はビスキュイ・ジョコンドという
アーモンドパウダーが入った風味良い生地に
②パータ・ボンプ(バタークリーム)と③ガナッシュ・ショコラを
挟み、④グラッサージュ・ショコラ(上掛けショコラ)で
⑤飾りは金箔で仕上げたケーキです。

オペラ・キャフェのバタークリームは
ロールケーキやショートケーキに挟む
バリエーションも嬉しいところ。

バタークリームとは・・・言っても、あの昭和(現在20代~30代前半方は
ひょとしたらご覧になったこと無いかもしれません)の
生デコレーションが無かった時代、日保ちの兼ね合いで
マーガリンやショートニングで加工された油臭いものでは決してございません。

フランス菓子でいうバタークリームとは
バニラアイスクリームのように口溶け良く、脂っこさなんて無くて軽いです。
ちゃんと100%バターでそしてバニラで仕上げますよ!

3時間レッスン
(日時)1月28日(木)12時〜15時→あと1名さま
29日(金)10時~13時→定員となりました
30日(土)12時~15時→定員となりました
31日(日)12時~15時→定員となりました
(定員)各日2名さま
(参加費)7000円

※※保冷剤ご持参くださいませ。

<新春特別企画>2品/1レッスン満員御礼
~galette des rois & Chausson napolitain
 ガレット・デ・ロワ&ショソン・ナポリタン~

IMG_6304.jpg
A-コイン予約済み
B-カンパーニュ予約済み
C-ラクダ予約済み
D-教会予約済み
E-家紋予約積み
F-ミルクピッチャー予約済み
Gークグロフ型予約済み
H-クロワッサン予約済み
I-パン屋さんのテーブル予約済み
Jーリンゴのタルト予約済み

※Bで一円玉ほどの大きさです。
EやJで100円玉ほどの大きさです。

IMG_6267.jpg
※紙の王冠の直径は調節できます。
ガレット・デ・ロワとはキリストの顕現を祝う焼き菓子。
公現祭1月6日に食べるフランス伝統菓子です。
ここに当時は空豆fève(フェーヴ)を入れて焼き込み、
家族で切り分けて食べる新年のパイ菓子です。
そのfèveに当たった人はその日中、王様又は王女様になれ、
一年幸福で過ごせるとのこと。
現在のフェーヴは空豆ではなく様々な形の陶器を使用します。
レッスンでは今年4月にフランス・ブルターニュの蚤の市で買ってきた
フェーヴを限定10名さまのレッスンなりますが、
お選びいただき、実際に一緒に入れて焼き込みます。
飾りの紙の王冠もお持ち帰り頂きます。
グっと!本場に近づきますよ!
※レッスンエントリーの際、A~Jのフェーヴも
併せてお知らせくださいませ。一点ものですので
エントリー順にご対応させて頂きますので
ご希望に添えない場合もござます。
何卒、ご了承くださいませ。

IMG_6317.jpg
ナイフで模様を付けていきます。
弧を描きながらの模様が難しいのでは・・・
そう思われる方も多いのでは?
心配ご無用!
どなたでもキレイに描けるアイデアを
思いつきました!

もう一つ最大のポイント1つ、丸く焼く
一見、丸い生地を合わせて焼いているだけに思いますが、
ただ単純に貝合わせにしてしまうと楕円どころか
かなりイビツに仕上がってしまいます。
それはパイを伸していくたびにグルテンが
伸びやすいほうと伸びにくいほうの兼ね合いが生じてくるからです。
この知識が無いと仕込みが上手くいっても
普通に丸く焼くことが出来ません。
でも作業は目をつむっていてもできてしまうほど簡単。
大袈裟でもなんでもなく、目を閉じていても
出来てしまう簡単な作業です。

もう一つのポイント。まっすぐ真上にパイ生地を
上げる
方法。実は生地の裁断の仕方で決まってしまいます。
普通にナイフでカットして2枚とってはまっすぐ真上にパイ生地が
上がってくれません。
これも知っているか知らないかの世界。
IMG_6315.jpg
このパイの高い層、凄いですよね~
どなたでも出来ますよ~
もちろん手作りです(笑)
こととい最初で最後の集大成のパイ生地。
その名も折込パイpate feuilletée inversée (パート・フュユテ・アンヴェルセ)。
ざっくり言うとバターで生地を包み、3回折込んでいく生地。
普通の折込パイはことといでも何回かレッスンしましたが
生地でバターを包ム方法です。
逆折込パイは普通の折込パイとは比較にならないほどの
バターをふんだんに使用する、贅沢なパイ生地。
バターの香りと味が通常よりも倍以上に感じられます。
そして、もの凄くパイ生地の浮き方が良いです。
実際に3~4ミリの生地を2枚合わせて焼成すると
焼き上がりは5~5,5センチの層となって膨れ上がります。
これ以上のパイ生地はもうフランス菓子には無いです。
IMG_6316.jpg
中身のクリームは正統派クレーム・フランジパーヌ。
クレーム・パティシエールとクレーム・ダマンドを
混ぜたクリームです。このお菓子をオーブンで少し温めて
召し上がると最高です。
IMG_6300.jpg
新春ですから2品作ります。
ショソン・ナポリタン。
ナポリタンとはイタリアのナポリの事で
決してスパゲティーは入ってないです(笑)。
ナポリはシェル貝の産地。
それを模して作ったヴィエノワズリーです。
ショソンとは上履きやスリッパの意味です。
ふたつ並べるとそう見えるからそんな名前を
付けたのかもしれません。
このお菓子はガレットデロワの端切れの2番生地を
使用して作ります。
成形からは想像できない焼き上がりなので、
初めて知ったときは驚愕でした。
ざっくりいうとロールケーキ上に成形しそれを輪切りに
して、更にクリームを挟んで焼くとこんな貝の筋の模様が
浮き出て中のクリームが垣間見える・・・みたいなお菓子です。

クリームはパティシエールにラムレーズンをしのばせようと思います。
こちらは4~5個お持ち帰りなので一つ出来立てを
召し上がって頂くのもよいかと・・・猫舌の方はちょっと冷ましましょうかね~

※生地の仕込みは1日ではできませんので
こちらである程度仕込みをしておきます。
ですが、工程を全て画像に収めましたのでご安心くださいませ。
通常工程には画像を付けませんが、長時間を要する工程なので
工程毎に画像をお付けした詳細なレシピをお渡しいたします。

※※クレームフランジパーヌも仕込んでおきます。
ですが、最終日1月11日以外
次の日の方の分をレッスン中に皆様に
仕込んで頂きますので、御安心下さい。
勿論、レシピは付きますのでこの点もご安心くださいませ。

ここからはご提案ですが、初めてエントリーされる方
1月11日以外を選んでいただくとよいかもしれません。
クレーム・フランジパーヌはタルトで頻繁に使用するアーモンドクリームと
シュークリームで使用するクレームパティシエール(カスタードクリーム)を
混ぜ合わせたものです。
ことといではどのクリームも定番なので、一年に何度も出てきております。
ゆえに通って下さる生徒さん皆さま、作ることが出来ます。
どうぞ、ご参考になさって下さいませ。

3時間~3時間半レッスン
(日時)1月7日(木)10時~13時半ごろ→定員となりました
8日(金)10時~13時半ごろ→定員となりました
9日(土)12時~15時半ごろ→定員となりました
10日(日)12時~15時半ごろ→定員となりました
11日(祝・月)10時~13時半ごろ→定員となりました
(定員)各日2名さま
(参加費)大量にバター使用為、8000円
IMG_6313.jpg
<ベーシッククラス>*はじめての方、どなたでも参加できます。

~基本のパウンドケーキ・バニラビーンズのパウンド~

マダガスカル産ブルボン種のバニラビーンズ。
このバニラを使用することで、一気に垢抜けた
パリのパティスリーの味になるから不思議です。
素材の良さがそのまま出てしまう、焼き菓子の基本中の基本の
パウンドケーキ。
全ては混ぜ方で決まってしまうってご存知でしたでしょうか?
なぜこの混ぜ方をしていかなくてはならないか???
是非体得して頂きたいです。
混ぜ方と工程さえふめばどなたでもぷっくりお腹を
膨らませた愛嬌ある美味しいパウンドケーキが焼けます。
たまにお悩みとして
「パウンドの焼きの割れ目を作るために
少し焼いてからオーブンから取り出して、
ナイフで筋を付けてます・・・」というようなことを聞きます。
いやいやあらま~・・・最大のNG・・・
そんなことしなくても勝手にパウンドのお腹膨れてくれますので
御安心下さいませ(笑)かえって、むやみにオーブンを
開けますと温度が下がり、膨らみを妨げてしまいます。

そしてバニラのシロップを打ち込み、しっとり長持ち。
ケーキカットの仕方も伝授させて頂きます。
意外とまっすぐカットできない代物です。

実はこのパウンドケーキ、4年前喜多方食堂つきとおひさまさんの
プレオープンで出させてただいたケーキです。
ことといオリジナルのおやつを作ってほしいと当時つきおひさんからご依頼がありました。
今思うとこのパウンドとバナナパウンドとガレット・ブルトンヌをご提供させていただきました。
その時召し上がって頂いた方から大絶賛のお声を頂戴いたしました。
是非、このベーシック且つクラシカルなお菓子、極めてみてはいかがでしょう。
IMG_6314.jpg
2時間レッスン
(日時)1月15日(金)10時~12時→定員となりました
16日(土)12時~14時→定員となりました
17日(日)12時~14時→定員となりました
18日(月)10時~12時→定員となりました
(定員)各日2名さま
(参加費)5000円
IMG_6324.jpg
<クラシカルクラス>
~Engadiné くるみのヌガータルト~
*はじめての方、どなたでも参加できます。
くるみ好きにはもぉ〜たまらないほどの贅沢なお菓子。
2014年3月に絶賛頂いたタルトの復活です。
キャラメルヌガーにぎっしりなくるみですもの〜。
少し苦みばしった特製ヌガーは
硬くならずにほどよく炊くのがこのお菓子の真髄。
タルト生地パート・シュクレの復習にもどうぞ…
※生地は仕込んでおきます。

2時間半レッスン
(日時)1月21日(木)10時~12時半→あと1名さま
22日(金)10時~12時半→定員となりました
23日(土)12時~14時半→定員となりました
24日(日)12時~14時半→定員となりました
25日(月)10時~12時半→定員となりました
(定員)各日2名さま
(参加費)7000円

※キャンセル・変更について。
7日前の午前11時(レッスンの準備でメールチェックが出来ない為、
以後、午前11時までとさせて頂きます。)
までのお申し出でキャンセル・変更料金はかかりません。
それ以降は全額となること、再度お願い申し上げます。
例1月8日のレッスンの場合。1月1日午前11時の
お申し出までとなります。


最後に、ここ数年で沢山頂くご質問を
この度まとめてみました。

よくある質問としてQ&Aでブログのカテゴリー
作りました。
ご参考頂けたら、幸いです。
上記カテゴリーは2014年2月16日に作成しておりますが
2014年1月1日にブログを転送致しました。
内容に関しましては

PCでご覧になる場合は
この画面左にあるカテゴリーの欄の
「よくある御質問Q&A」をクリックしご覧くださいませ。
尚、スマートフォンの方は2014年1月1日のブログを
遡りご覧くださいませ。


※※※初めてエントリーされる方へ※※※
エントリーの際、
①お名前、
②お電話番号、
③ご希望のレッスンメニュー、
④ご希望の日時、
をお知らせくださいませ。

併せて、
cototoi_web@yahoo.co.jpからご予約完了メールを
エントリー頂いてから48時間以内に返信致します。
携帯@マーク以下docomo,
のアドレスで送受信される場合は
docomoのセキュリティを解除願います。
セキュリティが強いため、
yahooメールを弾いてしまい、受信されない可能性がございます。

尚、@マーク以下、hotmailやgmailでエントリーされる場合、
こちらからの返信メールが自動的に迷惑メールボックスへ
入ってしまう場合もございます。
48時間以内にことといから返信が無い場合
迷惑メールボックスも併せてご確認くださいませ。
20:07:00 | 毎月のお菓子レッスン | page top↑
2月のメニュー告知 2016 / 01 / 13 ( Wed )
IMG_6697.jpg
LOVECHOCOLAT!
そう、雄叫びをあげたい2月。
テーマは大人のバレンタイン。
味の分る洗練された大人のショコラ。
いつものように、
香り高く魅惑的に麻薬的に仕上げていきますね!

明日、1月14日(木)夜8時に同ブログへUP致します。
どうぞお気軽にご覧くださいませ~
21:07:52 | ことといたより | page top↑
あと1名さま!鎌倉クルミッ子と盛岡くるみのクッキー 2016 / 01 / 13 ( Wed )
乙女の旅みやげ・・・といえば、アンガディーネ。
この名前はフランス伝統菓子の正式な名称です。
ですが日本ではカワイイ名前や分りやすいお名前に
して売っています。コーヒー好きな方、絶対!と言っていいくらい
コレ好きですよね~、分ります、スゴく☆
ことといでも一昨年に一度レッスン致しました。
その際、殆どの生徒さんが受講されました。
が、好評につき、今年再登場!

どんな焼き菓子なんだろう???
有名なお店のHP添付しましたので、のぞいてみて下さいね!
盛岡光原社のくるみクッキー
うつわ好きで民芸好きの方で知らない人は居ない本店盛岡(仙台にもあります)の光原社。うつわと共に売っているこのくるみクッキー。これもフランス地方菓子アンガディーネです。調べると何年か前にお取り寄せで1位を獲得したとのこと。それもグルメな秋元康氏が取り寄せても食べたい!と高評したからとかしないとか・・・いずれにしても、苦み走ったヌガーと香ばしいクルミが咀嚼で更に麻薬的な味わいの焼き菓子。この寒い時季にピッタリの濃厚さ!うつわ好きでコーヒー好きな方、是非レッスンで美味しいお菓子を自分へのご褒美に!
鎌倉紅谷クルミッ子
鎌倉乙女の焼き菓子と言ったら、そう!この老舗菓子舗紅谷(べにや)のクルミっ子(アンガディーネ又はクルミのタルト)。カワイイお箱にぎゅうぎゅう詰めになっていて、指をそっと忍ばせ取り出す、ステキな苦み走ったヌガー菓子。焼き菓子好き、珈琲好きの皆さん、あと3名様で定員となります。 ちなみに紅谷ではアンガディーネの切れ端つこだけも売ってます!それも御愛嬌。
IMG_6324.jpg
<クラシカルクラス>
~Engadiné くるみのヌガータルト~
*はじめての方、どなたでも参加できます。
くるみ好きにはもぉ〜たまらないほどの贅沢なお菓子。
2014年3月に絶賛頂いたタルトの復活です。
キャラメルヌガーにぎっしりなくるみですもの〜。
少し苦みばしった特製ヌガーは
硬くならずにほどよく炊くのがこのお菓子の真髄。
タルト生地パート・シュクレの復習にもどうぞ…
※生地は仕込んでおきます。

2時間半レッスン
(日時)1月21日(木)10時~12時半→あと1名さま
22日(金)10時~12時半→あと1名さま
23日(土)12時~14時半→定員となりました
24日(日)12時~14時半→定員となりました
25日(月)10時~12時半→定員となりました
(定員)各日2名さま
(参加費)7000円

20:39:36 | ことといたより | page top↑
Th 10th floor✖️ことといバレンタインレッスン 2016 / 01 / 09 ( Sat )
〜バレンタイン特別レッスンのお知らせ〜
1 day lesson 2月1日(月)2部制決定!
・焼き菓子2種とラッピング
・ワインのエキスパートもお目見え
・ワインのちょっとイイ話&販売
・場所:the 10th floor会津若松市内某所
(場所は御予約後レッスン開始3日前に、住所と駐車場、簡単な地図をメールでお知らせ致します)

*詳細は追って後日発表致します。
お楽しみは徐々に明らかに…

*御予約開始をメールで知らせて欲しい方は
cototoi_web@yahoo.co.jp
又は
Facebookメッセンジャーなどで
ご連絡下さいませ。)
お菓子教室こととい😃
09:00:57 | ことといたより | page top↑
2016年あけましておめでとうございます! 2016 / 01 / 01 ( Fri )
IMG_6532.jpg
元旦、いかがお過ごしでしょうか。
暖冬の影響か、会津若松は雪もなく、
大変過ごしやすいお正月です。

年末からお節のつまみ食いに忙しく
いつにも増して食欲旺盛。
新春1月はまん丸な丸顔になっているやもしれません。

今年は皆様に楽しいお知らせと
新しいお知らせをする予定です。
どうか、今年もことといの
お菓子に御付き合い頂けましたら、
この上なく、幸せでございます。

今年もどうぞよろしくお願い致します。
21:23:00 | ことといたより | page top↑
 | Diary |