秘密のビスキュイ・サボア 2015 / 08 / 30 ( Sun )
IMG_5459.jpg
ふかふか感が醍醐味のフランス伝統菓子、
ビスキュイ・サボア・オランジュ。ビスキュイは生地、
サボアは地方の名前です。
それにアレンジでオレンジの風味にしております。
混ぜ方の基本が凝縮したお菓子。
殆どの焼き菓子は混ぜ方で決まってしまいます。
簡単な技術ですが、お菓子作り初めての方や
我流になりつつある方の軌道修正に最適です。
IMG_5460.jpg
型はクグロフ型で大きく作ります。
というのも、大きな型で焼成しないと目が詰まったような
堅い生地になりやすいからです。
卵のチカラだけで生地を上げていきますので
型の中で伸び伸びさせてあげたいです。
IMG_5461.jpgIMG_5462.jpg
ご試食はなんと!?6カット分の大きさを召し上がって頂きます。
沢山召し上がってしっかり試食するとお菓子の技術のUPに
なりますよ~どう感じたかもレシピに書いておくことも大事。
どういうものとお皿に盛るか、お茶のこと、
生クリームの砂糖はどうするか、フルーツは何を添えるかなど。
IMG_5463.jpg
いつもフラダンスでお世話になっているYちゃん!
「画像に収まらないほどケーキが大きかった!」
嬉しいですね~◎良く大きく焼けた証です。
IMG_5464.jpgIMG_5465.jpg
お持ち帰りの箱の事・・・直径ばかりを考えて
高さが高いことを忘れてました(笑)。
とにかくでっかいのでことといのいつもの箱では
いささか窮屈・・・ラッピングはロール紙で
パリのパン屋さんふうに包みました。
IMG_5466.jpgIMG_5467.jpg
このお菓子はメレンゲの立て方もポイントの一つ。
ことといにいらして頂いている生徒さんどなたも
大袈裟ではなく完璧なメレンゲを作ることが出来ます。

しっかりと気泡量を100%に持っていく、
その後強度を付ける、この流れになります。
これはシフォンケーキの時にもお伝えしましたが、
なぜこのように作っていくか???その論理を
知ることこそ最も重要です。
ことといにいらして頂く生徒さんはもう十二分に
ご存じなのでどなたも簡単に完璧メレンゲ作れちゃいます!

メレンゲでやってはいけないこと三カ条!
1、ヌルい卵白は使わないこと。
2、グラニュー糖以外の砂糖を使用してはいけない。
3、ハンドミキサーの手を静止させて泡立ててはいけない。

1,2はご存知の方も多いですが、3番は意外と盲点かもしれません。
ハンドミキサーの電源を付けたままにすれば、ずっとハンドミキサーの羽は
回り続けます。速度を上げればさらに混ぜているような気分にはなれます。

ですが、ずっと手を静止して、たまにかき混ぜるパターンのメレンゲ作りは
一見泡は立ちますが、実は大きな落とし穴があります。
疲れますが、実はずっと手でハンドミキサーを回し続けなければなりません。

日本、フランスどちらの修行先でも手を制止した状態で卵白を
撹拌するやり方はしませんし、一度も見たことがありません。
実際、お店ではハンドミキサーのような小さな器具は
量産出来ませんので使用しませんが、業務用の大きな器具で
卵白をメレンゲにする時の動きを見れば一目瞭然。

なぜ、ハンドミキサーを使用する際、手を制止させながらの
撹拌はいけないのか、ことといレッスンで明らかになることと
思います。なぜ?を知らないと、つまり論理的に作らないと
失敗が多くなります。
IMG_5468.jpg
完璧!ふかふか感がこの段階で想像できます。
IMG_5469.jpg
ご試食タイム♪
今回受講頂いてる方皆様に生地にはバニラシュガー、
無糖ホイップクリーム、ラズベリーを添えて。
オレンジの切り身、そしてピスタチオのジェラートで
楽しんで頂いております。
そしてお好きなドリンクでゆっくりお茶時間。
皆様に「カフェみたいでかわいい~◎」と
歓声も頂いております。
IMG_5471.jpg
型からはみ出すほどふかふかに焼成できました。
一日寝かせず焼成当日からとても美味しく召し上がれます。
カットするよりむしって貪り食べてい程の
タマゴ生地が良い香りのお菓子です。
IMG_5472.jpgIMG_5473.jpg
皆様にはオレンジ焼き(私が付けた通称です、お店では赤焼きと言います)
IMG_5475.jpg
ご実家がブドウ農家というOさん。
3種類のブドウを頂きました!
どれもこれもおいしくておいしくて・・・
もちろん、葡萄の王様、巨峰も頂きました。
味が濃縮されていてジューシー、汁があふれ出ます!

来月はOさんのブドウ農家から産直で届けて頂く
ことになりました。9月のクランブルケーキの方へ
注文の有無のメールを後日致します。
どうかお楽しみに~◎

IMG_5476.jpg
8月の有終の美!
完璧なメレンゲに皆さまもう2~3年以上は通って下さる
生徒さん方々。多くを語らずとも、もう混ぜ方なんか、
本当に素晴らしいですっ!!!
IMG_5477.jpg
オレンジ焼きも大事です。
修業時代の若いときは、この焼きばっかりで・・・
いろいろ経験して良かったと思える瞬間です。
IMG_5478.jpgIMG_5479.jpg
ちゃんときれいに形状記憶。
それはゴムベラでアノ、例の混ぜ方で混ぜるから。
「さっくり混ぜる」・・・よく聞きますが、
本当はその表現は曖昧で抽象的です。

生地の混ぜ方、質の良いメレンゲの作り方、
ヒミツがいっぱい!でもこの2ポイント
押さえることで、焼き菓子はほとんど作れ、
みんな大好きシフォンケーキも失敗せず
作ることが出来ます。

気になる方は9月5日(土)12時~あと一名さま、
ビスキュイ・サボアのレッスンが一日だけございますので、
お気軽にご検討下さいませ。

21:52:08 | お教室風景 | page top↑
こりゃぁ~、やらなきゃ、損々のキッシュ 2015 / 08 / 30 ( Sun )
IMG_5387.jpg
埼玉のkimee'sfarmさんからのブルーベリーで
作る、2015年のタルト。大好評で感無量です。
ブルーベリーと共に沢山のお野菜たち。
いつもご馳走様です!
IMG_5391.jpg
追加日程に合わせて下さり、一日のみでしたが
今年最後のブルーベリータルトをレッスン致しました。
この味とボリュームはどこのお菓子屋さんにもカフェにも負けない
最強のタルト!?かもしれません。。。
IMG_5398.jpg
スモークサーモンとほうれん草のキッシュ!
重々しいこのボリューム満点のキッシュ。
お魚と相性の良い生のディルはふんだんに使いました。
IMG_5408.jpg
ほうれん草と味出しに玉ねぎ。
そしてサーモンが140gも入りますから、
皆さまびっくりのご様子。
IMG_5400.jpgIMG_5401.jpg
スモークサーモンの~と名乗る以上、
サーモンがいっぱい入ってないと、悲しくなりますから(笑)
原価!???そんなこと気にしないで美味しい素材を
今後もど~んと惜しげなく使いますし、ぶっ込んで参りますよ~
IMG_5403.jpg
生徒さん方々、初めてのキッシュづくり!
センス良くfacebookやインスタにUPして下さり、
本当に嬉しいです。生徒さん同士、良きお繋がりの
ご様子。主宰側として本当に嬉しいです。
IMG_5404.jpg
かわいいピーナツ南瓜頂きました!
飾っておきたくなる出で立ち。
スープにするとおいしいとのこで
早速、ターシャ風パンプキンスープを。
美味しく出来ました。良い素材、改めて大切だと
思いました。おいしいお野菜、ご馳走様です!
IMG_5405.jpg
そして那須にお出かけとのことで、大好きな
shozoのスコーンをお土産に頂きました。
早速、塩キャラメルのペーストで頂きました。
ペロリでした◎こちらもおいしいお土産、
ご馳走様です!
IMG_5418.jpgIMG_5419.jpg
偶然にも福島市からいらした生徒さん方々。
スモークサーモン大好物とのことで
いらっしゃって頂きました!
IMG_5414.jpgIMG_5415.jpg
スモークサーモン、玉ねぎ、生のディル、そして
ピクルスのようなケイパー。
これが無いと間の抜けたような味になります。
塩気の中にも酸味が宿る・・・そんな隠し味です。
IMG_5417.jpg
シャッターチャンスがてんこ盛りのキッシュレッスン。
この日の焼き立てもオムレツのように
タマゴあパンパンに焼けておいしいそう~◎
IMG_5421.jpg
歌舞伎へお出かけとのこと。ステキなそして高尚な趣味!
その帰り足においしい月餅があるとのことで
銀座で杏仁味の老舗の月餅をお土産に頂きました。
こんなにお上品な月餅、食べたことがありません!
おいしいお菓子を本当にご馳走様です。
IMG_5426.jpg
日曜日もブランチキッシュレッスン。
マトファーのキッシュの型もゲット!
型の高さもあるのでボリューム満点で軽食にも
十分です。結論、型は2,5割引きになり、
今回ご注文の方も大喜び。
ことといでキッシュをご受講の方は
ほとんどと言っても過言ではなく、
このマトファーのフランキャヌレ型を使用されております。
IMG_5427.jpg
たっぷりとチーズもぶん蒔きましたから、
しっかり焼成しこんがりとろ~り☆
皆様、温め直しは、あの作戦で是非やってみて下さいね!
アツアツがご馳走です!
IMG_5442.jpg
お父様が作られているお野菜たち!
ピカピカなゴーヤーは生で薄切りスライスが
最近のお気に入り。ゴーヤーサラダで
夏バテ解消いたしました!エナジーサプライ☆
IMG_5429.jpg
お1人欠席とご連絡がありましたが、
久々私がキッシュを作り、午後生徒さんに取りにいらして頂きました。
アツアツのキッシュを手にされ、ご満悦のご様子。
お渡し出来て良かったです。
これは特に味わって頂きたいキッシュでしたから・・・
IMG_5430.jpgIMG_5431.jpg
桧枝岐から午前中レッスンへ!
早起き、ありがとうございます!
おいしい食材などのお話をしながらのレッスン。
ますますお腹が空きますね~
IMG_5433.jpgIMG_5434.jpg
こんなに卵がパンパンでかわいい仕上がり!
少し破裂するくらい焼きこむのがこのキッシュの
焼成ポイント。是非、お家で再現してみて下さいね!
IMG_5436.jpg
型はずし!焼いてすぐは外さず冷めてから型はずしが
望ましいです。ですが、焼き立てでも最近外せるように
なったこと、私も強くなりました(笑)
IMG_5432.jpg
桧枝岐の生徒さんから全て自家製のモノを
頂きました!毎年この辛いお味噌の紫蘇巻きを
頂いております!御飯がススムのは勿論、
飲んべには最適のアテ!御蔭さまでワイン一本
久々に一人で空けました。たまにはいいですよね~(笑)
本当手間暇かかるもの、ご馳走様です!
IMG_5438.jpgIMG_5440.jpg
郡山から田島から皆さま遠路はるばる
ありがとうございます!
レッスンもさることながら女子トーク炸裂(笑)
みんないろいろ考えてますね~
IMG_5441.jpg
大爆笑で無事終了したレッスンの賜のキッシュ。
円満キッシュになりまして、幸いでございます◎

バターとアーモンドパウダー入りのブリゼ生地、
野菜を炒めるときの味付け、スモークサーモンの塩気、
サワークリーム使用のアパレイユ、ハーブ、チーズ、スパイス
全てがボリューム満点で皆様から今回も身に余るお言葉を
頂きました。十分に心満たされる麻薬的な味!?に
しました。是非、このレシピも皆さまの家宝となりましたら、
幸いでございます。



20:41:21 | お教室風景 | page top↑
クッキー材料とサバラン材料発注かけます。 2015 / 08 / 27 ( Thu )
9月レッスンで使用する材料を発注致します。
アメリカンクッキーで使用する国産ピーナツペースト(150g/516円
ちなみに150gで30枚ほど私のレシピで作ることが出来ます。
ご希望の方はメールで8月29日(土)23時迄ご連絡くださいませ。

併せてサバランで使用する国産ラム酒(700ml/6480円
サバランお1人6個お持ち帰りです。1個に付き8~10g使用します。
ゆえにバーテンも使用する秀逸なラム酒で今回は作ります。
ご希望の方はメールで8月30日(日)23時迄ご連絡くださいませ。

尚、双方とも、在庫が確保できかねる可能性をふまえ、
具体的な商品名はご受講エントリー頂いた方限定でお知らせしております。
何卒ご理解くださいませ。



22:05:17 | ことといたより | page top↑
サバランの魅力☆ 2015 / 08 / 22 ( Sat )
フランスのレストランの定番のデザートのひとつ、サバラン。
お名前がサバランと言ったり、ババオラムと言ったり、アリババとも
言います。この菓子は様々な国を渡ってきたことによって
変わります。
IMG_5378.jpg
とはいえ、共通していることはブリオッシュ生地ではなく
1.パータ・ババという沢山グルテンを出して生地の焼き上がりが
画像のように網目化させる独特の生地を使用すること。
2、挟むクリームはバニラたっぷりクレーム・パティシーエール(カスタードクリーム)を使用すること。
3、ラム酒シロップ又はキルシュ酒シロップ、又は紅茶シロップを
たっぷり染み込ませること。
以上三つが揃って初めてサバランと言えます。

特に生地の仕込み、これでシロップの染み込み方が全く変わります。
仕込みはブリオッシュ生地より簡単です。発酵も1回だけです。
この気泡があることでスポンジの役目になり、実際焼いた生地よりも
たっぷり染み込ませることで膨張し1,5倍にはなります。

その為、キメの揃っているブリオッシュ生地ではグチャグチャどころか
シロップで崩れてしまいます。むろん、スポンジ生地は論外。

強力粉のグルテンとイーストのチカラでこの網目、いわゆる気泡を
作ってより的確にシロップを染み込ませることが最も重要です。

IMG_5392.jpg
最後の仕上げは上面にアプリコテ(アプリコットジャムを塗ること)し
その後、クレーム・シャンティ(ホイップクリーム)を
お花のようにドーナツ型に絞れるシャルタン口金で
可憐に仕上げます。
IMG_5393.jpg
渡仏の際買い求めました。もともとこのカットが
難しいカットなのか、特にこの絞りは本場フランスでも
高めのほうです。
IMG_5394.jpg
日本の業者に同じものいくらか念のために調べて頂きましたが、
なんと!!!一万円以上するとのこと。単なる絞り口なのに・・・
恐るべし、マトファーのシャルタン!

エントリーの生徒さん方々、クリームが出てくる感じが
かわいいです!この愛嬌たっぷりな口金、どうぞ
お楽しみに!!!
18:35:23 | ことといたより | page top↑
9月のメニュー告知 2015 / 08 / 15 ( Sat )
IMG_5331.jpg
お盆が過ぎ、暦は立秋。
少しずつ秋に近づいていくそんな時季。
美味しい焼き菓子やお酒を楽しむデザートなど
5種類ご用意致しました。
明日8月16日(日)午前10時に同ブログにて
UP致します。
お時間ございましたら、是非お気軽にご覧くださいませ。
23:30:39 | ことといたより | page top↑
桃のデザートは円満デザート 2015 / 08 / 15 ( Sat )
IMG_5371.jpg
photo by Oさん
桃のデザート、ペッシュ・メルバ。
皆様のご協力を得て、画像をご提供頂いております。
IMG_5302.jpg
photo by Oさん
毎月4レッスン全てをご受講のOさん。
お家でかわいく仕上げて頂きました。
乙女な仕上がりにうっとり~◎

ペアのIさん。2月に3人目をご出産されて超ご多忙な折、
「どうしても習いたくて~!」といらして頂きました。
桃、お子さん達に喜んでもらえたかな~・・・
IMG_5305.jpg
photo by Sさん
お子さんを4月にご出産のSさんは
今回が初のご参加。
一眼レフのカメラでこんなにフォトジェニックに撮影頂きました。
IMG_5301.jpg
photo by Sさん
お子さん出産されてから初めての自分の時間とのこと。
その初!!!をことといが頂いてしまいましたっ!!!
心から喜んでレッスンを受講頂いたご様子で
こちらも嬉しゅうございます。
image1 (1)
photo by Rさん
いつもフラダンスレッスンでお世話になっておりますRさん。
ババロアに絶賛のお声を頂きました。
楽しそうなご家族のデザートタイムが
目に浮かぶようです。
image1.jpg
photo by Rさん
アイスクリームの代わりにこのバニラのババロアで
ペッシュ・メルバを組み立てていきました。
きれいにお家で仕上げて頂きました。
IMG_5304.jpg
photo by Hさん
桃の加工がこれまた楽しいペッシュ・メルバ。
このコンポート作るだけでもかなりおしゃれな
デザート。キンキンに冷やしてコンポートの
シロップをまわしかければ、上等なデザートです。
IMG_5303.jpg
photo by Hさん
いつもFBでアーティスティックにUP下さいます。
とても刺激を頂いており、女子のセンスに憧れです◎
すてきなメンズたちと召し上がって頂いたとのこと。
恐悦至極です!

Rさんから福岡名物二◎加せんべいを
頂きました。そう、お面もついているんですよね~
かわいい困った顔のたれ目がどこか憎めない
ご愛嬌。お盆家族皆で顔ほころばせつつ
頂きました。本当にご馳走様です!
IMG_5307.jpgIMG_5308.jpg
二人三脚で仕上げて参りました。
ラズベリーソース、秘密の加工の桃のコンポート、
とろろ~んなババロア。そしてコンポートの
シロップで使用したところにモモのリキュールを入れて
更にジュレを流し込んでおります。
ぎりぎりなゼラチンの配合なので
すぅーーっと、ババロアまでスプーンが進み、
三位一体すくえます。
IMG_5318.jpg
桃のコンポートの仕込みです。
皆様にタッパー持参でいらして頂きました。
常温で冷ますのが一番桃の繊維にまで
浸透圧の兼ね合いでお味が染みていきます。
IMG_5319.jpgIMG_5320.jpg
ジュレを作ってスパークリング注いでも
おしゃれなアペリティフになりますよ~
IMG_5374.jpg
photo by Mさん
お家でおしゃれに仕上げて頂きました。
いつもFBとインスタにUP頂き、
本当に嬉しいです!!!

盛岡のおいしい裂きイカ南部せんべいを
お土産に頂きました。
あまりのおいしさに一気に貪り食べてしまいました。
いつも美味しすぎるお土産、本当に
ご馳走様です。
IMG_5356.jpg
桃に限らず今年は猛暑が続いたことで
どんどんすぐに次の種類がお店に並んでいるとのことです。
まだまだ桃の出盛り期。どんどん楽しみたいですね。
IMG_5357.jpg
ピーチパイの終盤。
桃の種の加工は皆さま驚いていただております。
そしてキレイに出来ると快感のようです◎
IMG_5358.jpg
お盆お家に家族が集まるとYちゃん。
そしてご親戚で集まるとのことでRさん。
皆様のお盆のティータイムに
ひと花添えられましたら、この上なく
幸せでございます。
IMG_5366.jpg
有終の美を飾って頂いたのは、高校の家庭科の先生と
初参加!のABCクッキングスタジオの講師されてる最強ペア!
IMG_5368.jpg
ステキ女子が集まり、桃にうっとり~
召し上がる際はどうぞ豪快にいっちゃってください!
IMG_5369.jpg
4月にご出産された先生!
かなりの速さでことといへ復帰!
感無量です!

無事に終了致しました、桃のデザート。
夏休みやお盆のお忙しい中、皆さま
お時間頂きまして、改めまして感謝申し上げます。


22:38:16 | お教室風景 | page top↑
ピーチパイ前半終了 2015 / 08 / 05 ( Wed )
IMG_5232.jpg
福島県は桃の産地。
今時季のモモは最高に美味しいですよね~。
郡山から、そして仙台からも
こんなに猛暑続く中、保冷剤もご用意の上
レッスンへいらして頂きました。
IMG_5234.jpgIMG_5235.jpg
クリームもたっぷりなピーチパイ。
そのまま食べても美味しいです!
バニラビーンズたっぷりですからね~
IMG_5238.jpg
クーラーボックスご持参でいらして頂きました!
そのほうが無難かもしれません。
IMG_5239.jpgIMG_5240.jpg
いろんなお話が弾み、あっという間のお時間でした。
パイのおいしさに驚いてくださいました!
瑞々しい桃と最高の相性なんです。
キンキンに冷やして召し上がるのがベストですよ~
IMG_5242.jpg
パイが仕込んであれば、本当に簡単です!
焼成までして冷凍も可能なんですよ~
IMG_5243.jpgIMG_5244.jpg
なんと!2時間で終了してしまったペア~
とても速いです!生菓子なのでスピードも大切!
IMG_5245.jpgIMG_5247.jpg
メッセージを早速いただきました。
お子さん達、予想以上に喜んで頂いたとのこと。
凄くうれしいです!かわいい男の子のかぶりつく様子。
微笑ましくて微笑ましくて・・・お母さん、またパイ作り頑張ってくださいね!
IMG_5249.jpg
自宅でアレンジで作ってみました。
アイスクリームをスプーンですくって、
そこへ完熟の桃をあしらってみました。
IMG_5253.jpg
家族の3時のおやつがお家で簡単に
出来て、皆にも大好評で本当に嬉しい一日でした。
ピーチパイ後半はお盆のさなかですが、
お陰様で全て定員となりました。

お盆の夜のデザートによ~く冷やして
お召し上がりくださいませ。
喜びで満ち溢れましたら、
こんなに幸せなことはありません。
20:18:41 | お教室風景 | page top↑
全日程満員御礼8月メニュー&スケジュール 2015 / 08 / 05 ( Wed )
IMG_5127.jpgIMG_5122.jpg
<夏のデザートその2>※初めての方、どなたでもご参加可能です。
~ピーチパイ~現在、追加日程無しです。
美味しい桃、瑞々しい桃が出回る8月。
猛暑が更に桃を甘くジューシーにさせているのでしょうか。
この一番おいしい時季に桃の種をくり抜き丸ごとパイにのっけたお菓子。
こちらはコンポートにせず、生です。生本来のフレッシュ感と
カスタードとバターを合わせたこっくりな濃厚クリームが
この夏忘れられない味になること、請け合いです。
種をくり抜いた桃の中にもクリームを絞ります。
なので決して体裁よくなど召し上がらず、お口いっぱい頬張って
かぶりついて頂きたいです!
IMG_5124.jpg
(日時)8月1日(土)12時~14時半→定員となりました
2日(日)12時~14時半→定員となりました
3日(月)10時~12時半→あと一名さま
4日(火)10時~12時半→定員となりました
14日(金)10時~12時半→定員となりました
15日(土)12時~14時半→定員となりました
(定員)各日2名さま
(参加費)7000円
(ご持参頂きたい物)①保冷剤

※パイ生地は以前ミルフィーユでレッスンした生地をこちらで仕込んでおきます。
併せて、お持ち帰り分も焼成しておきます。
尚、レッスンでは生地仕込みの実習はいたしませんが
生地のレシピがちゃんと付きますので御安心を~。
併せて生地の焼成の仕方はレッスンにてご覧頂けますので、そこも御安心を~。

カエルの声と蝉の鳴き声が盛夏を思わせる8月。
酷暑が続きますが、心は清涼感をもって暮らしたいです。
8月も新作が目白押し。
皆さまの夏物語にことといのお菓子や
惣菜でひと花添えられましたら、これ幸いです。
IMG_5125.jpg
<クラシカルクラス>※初めての方、どなたでもご参加可能です。現在、追加日程無しです。
~スモーク・サーモンとほうれん草のキッシュ~

パリのパティスリーで必ずオーダーするのがこのキッシュ。
一番好きなキッシュです。
キッシュ生地となるパートブリゼはアーモンドパウダー
たっぷりのおいしい生地。
玉ねぎとほうれん草をバターで炒めて
野菜が見えないほどたっぷりのスモーク・サーモンで
覆います。
生臭さを感じる生鮭は使用致しません
芳しいスモークサーモンだからこそ、この味が出せます。
そして、ケイパーとハーブの一種ディルも使用しますので
正統派のサーモン・キッシュ。チーズもたっぷり散らして、
いや、ぶん蒔いてアツアツを頂く至福の夏休み。
流し込むアパレイユ(タマゴ溶液)は以前レッスンのアパレイユでは
無く、サーモンに合わせた特製アパレイユです!
どうぞキンキンに冷やした白ワインと共に
大人のヴァカンスにいかがでしょう。
※なるべく香りの良い生ハーブのディルを使用したいですが
手に入らない場合は乾燥ディルを使用致します。
予めご了承くださいませ。

IMG_5005.jpgIMG_5006.jpg
(日時)8月21日(金)12時~14時半→定員となりました
22日(土)12時~14時半→定員となりました
23日(日)12時~14時半→定員となりました
24日(月)10時~12時半→定員となりました
25日(火)10時~12時半→定員となりました
(定員)各日2名さま
(参加費)7000円

IMG_5126.jpg
<夏のデザート>※初めての方、どなたでもご参加可能です。現在、追加日程無しです。

~Pêche Melbaペッシュ・メルバ(ピーチ・メルバ)~
偉大な料理人オーギュスト・エスコフィエが
オペラ歌手メルバに捧げたエレガントでクラシカルなデザート。
どんなデザートかというと、桃のコンポートにアイスクリームを
添えて、更にフランボワーズソース(ラズベリーソース)を掛けて
アーモンドを散らしたものです。
レッスンではアイスクリームのお持ち帰りが難しいので、
アイスクリームの部分をとろ~んとしたバニラのババロアにして、
桃のリキュールとコンポートシロップのジュレにフランボワーズを入れて
涼しげに仕立て、最後にたっぷりのフランボワーズソースを掛けました。
ことといの桃のコンポートは皮を剥き、
種までくり抜いてある丸ごとモモです。
この華やかでいて、セレブなデザート。
皆様はどのディーヴァに捧げますか?
エディット・ピアフ!?越路吹雪・・・
「愛の讃歌」が聴こえてきそうです。

(日時)8月7日(金)12時~14時半→定員となりました
8日(土)12時~14時半→定員となりました
9日(日)12時~14時半→定員となりました
10日(月)10時~12時半→定員となりました
11日(火)10時~12時半→定員となりました
(定員)各日2名さま
(参加費)5500円※容器発注の最低ロットの兼ね合いでこの参加費となります。
(ご持参頂きたい物)
①保冷剤
②桃が丸ごと4つ入る蓋付きタッパー
③ラズベリーソース150gは入る蓋付きタッパー
IMG_5061.jpgIMG_5058.jpg
<ベーシッククラス>※初めての方、どなたでもご参加可能です。
~ビスキュイ・サヴォア(ガトー・サヴォア)・オランジュ~
追加日程検討中です。キャンセル待ちの方、3名さまいらっしゃいます。ご希望の方はメールでお知らせくださいませ。

フランス伝統菓子のビスキュイ・サヴォアは
フランスのサヴォア地方で焼かれているお菓子です。
独特なかわいい型で焼きますが、クグロフ型で
焼くパターンもよく見かけます。
ふかふかな生地にたっぷりの生クリームを
添えて、紅茶と食すGâteau du thé(ガトー・デュ・テ)。
ガトー・デュ・テとは、紅茶の為のお菓子を集めた
カテゴリーになります。フランス菓子は専ら珈琲と
思われがちですが実はそうではないケーキも沢山あります。
生地の作り方はお菓子の基本が詰まっていて、
お菓子作り初めての方におススメしたいケーキです。
夏向きに生地をオレンジ風味にして、オレンジのジュリエンヌで
飾ります。清楚な焼き菓子。ふかふか感を味わって頂きたいので
大きい型で焼きます。
あっという間に平らげて頂ける自信作です。
IMG_5121.jpg
(日時)8月28日(金)10時~12時→定員となりました
29日(土)12時~14時→定員となりました
30日(日)12時~14時→定員となりました
(定員)各日2名さま
(参加費)5000円
※生クリームとオレンジの切り身が付いた、ご試食ご用意致します。
お持ち帰りのケーキにはリボンも付けます。


※生地はこちらで準備致します。
尚、レシピはお付けいたしますので
どうかご安心を~


※キャンセル・変更について。
7日前の午前11時(レッスンの準備でメールチェックが出来ない為、
以後、午前11時までとさせて頂きます。)
までのお申し出でキャンセル・変更料金はかかりません。
それ以降は全額となること、再度お願い申し上げます。
例8月8日のレッスンの場合。8月1日午前11時の
お申し出までとなります。


最後に、ここ数年で沢山頂くご質問を
この度まとめてみました。

よくある質問としてQ&Aでブログのカテゴリー
作りました。
ご参考頂けたら、幸いです。
上記カテゴリーは2014年2月16日に作成しておりますが
2014年1月1日にブログを転送致しました。
内容に関しましては

PCでご覧になる場合は
この画面左にあるカテゴリーの欄の
「よくある御質問Q&A」をクリックしご覧くださいませ。
尚、スマートフォンの方は2014年1月1日のブログを
遡りご覧くださいませ。


※今月の全メニューも2015年で終了となります。
15:50:00 | ことといたより | page top↑
8月ピーチパイでスタート! 2015 / 08 / 01 ( Sat )
IMG_5228.jpg
猛暑に瑞々しい桃のお菓子は極楽浄土。
そう思わせてくれる、桃まるごとのお菓子。
埼玉からも新幹線でいらして頂きました。
IMG_5226.jpg
初日最高の出だしです!
撮影禁止!?いつにも増して他言無用の
秘密の工程があります。
早速、facebookにて感動のメッセージ。
ピーチパイレッスンへいらして頂いた方々に
全て伝授いたします!乞うご期待です!
IMG_5230.jpg
パーフェクト、その言葉に尽きます!
無事にお持ち帰り出来たとのこと。
桃まるごとですから重みもございます。
無事なことが何よりでございます。
明日からピーチパイ続きますが、
皆様、秘密の工程、どうかお楽しみに~◎

3,15日各日1名さま空きがございます。
詳細は下記ブログスケジュールをご確認くださいませ。
20:38:44 | お教室風景 | page top↑
 | Diary |