5月も無事楽しく終了ぉ~ 2015 / 05 / 31 ( Sun )
IMG_4633.jpg
おいしいキッシュ。キッシュ大好き!
フランスではママンがお家の味を持っていて、
冷蔵庫にあるものでこしらえたりします。
ちゃんと生地から作り、お昼にご馳走になることが
多いです。
実はタネ明かし!生地にもしっかりドリュールを塗ると、
型に卵液が漏れる心配もなく型外しがラクチンです。
IMG_4634.jpgIMG_4635.jpg
ゴルゴンゾーラ初めてのMちゃん!
美味しかった!コメント頂きました。
ご満悦な様子が目に浮かびます。
IMG_4636.jpgIMG_4637.jpg
郡山からRさん。ことといのキッシュを全て受講
されている方です!しっかりと生地も敷きこみ、素晴らしいです。
そしてみんなにうなぎパイをご馳走してくださいました!
ブランデーのうなぎパイは最高でした!
パルミエにブランデー入れてもおいしいかもです。。。
IMG_4638.jpgIMG_4639.jpg
今日は過ごしやすい午後でした。
なにせ最近30℃越えの会津でしたから、半端なく
暑かったですもの。
IMG_4641.jpgIMG_4640.jpg
今しがた、「感動の美味しさ」だと、メールを頂きました。
ゴルゴンゾーラ初めてとのことでしたが、この言葉は
本当に恐悦至極。
そしておじい様がとても気に入って下さったとのこと。
ハイカラですね~◎
IMG_4643.jpgIMG_4642.jpg
今晩はお嬢さんが帰省されるとのことで、このキッシュと
ビールかワインか、そして手巻き寿司もこさえるとか。
今頃宴会でしょうか。。。

皆様、ステキな週末の夜を~☆

19:50:57 | お教室風景 | page top↑
満員御礼5月のメニュー&スケジュール 2015 / 05 / 26 ( Tue )
追加メニューお知らせです。
<ベーシッククラス>
~Palmier(パルミエ)~
IMG_4475.jpg
本当においしいパイ、折込パイ。
mille-feuille(ミルフュイ)やchausson aux pommes(ショソンオポム)で
お馴染みのパイ生地。自家製の折込パイはそれはもう本当においしいです。
冷凍パイシートの味や源氏パイの味とは雲泥の差です。
IMG_4468.jpg
しっかり伸してどこをカットしても層になっていることが
望ましいです。端っこだって無駄にしません。
フランス産のカソナードという赤砂糖を一緒に織り込むので
独特のサクサク感とパリパリ感。
6月も日程を組みますが、5月は2日間限定で
フランス産発酵バターでレッスン致します。
IMG_4476.jpg
(日程)5月23日(土)12時~15時→あと一名さま
24日(日)12時~15時→あと一名さま
(定員)両日2名さま
(参加費)5000円
5月13日21時44分現在
IMG_4255.jpgIMG_4263.jpg
<クラシカルクラス>*初めての方どなたでも御参加可能です。
~フレジエ(フランス版ショートケーキ)~*今年度限定のレッスンです。*
フランスでも日本同様に4、5月はイチゴの季節。
イチゴのデコレーションケーキを予定しておりましたが
渡仏し様々なショーケースに並んでいる春のケーキ・フレジエを
見ていたら作りたくなってしまいました。

フレジエとはフランスではイチゴのお菓子を意味します。
スポンジ生地(フランスではスポンジケーキという
言葉はありません。正式にはジェノワーズ生地といいます。)
でクレーム・ムースリーヌ、(カスタードと柔らかくしたバターを
混ぜた濃厚なクリーム)中にも側面に沢山のイチゴを並べた
上等な乙女気分いやセレブ気分なれるお菓子。
仕上げはちゃんとおいしいマジパン・ローマッセで正統派にします。

バターはフランスから発酵バターを持ち込みました!
上面のローズ風味のマジパンもフランス直輸入です!
イチゴと薔薇は良く合います。
生地に打つシロップはイチゴリキュール。
フランスのクラシカルなそしてベーシックなお菓子、
材料調達の限界で期間限定でございますが
是非この機会にフランスの味を作ってみませんか。

(お日にち)5月2日(土)→定員となりました
3日(日)→定員となりました
9日(土)→定員となりました
10日(日)→定員となりました
追加日程11日(月)10時~13時→定員となりましたラスト追加日程12日10時〜13時→定員となりました
追加日程14日(木)10時~13時→定員となりました
(お時間)12~15時
(定員)各日2名さま
(参加費)7000円
※フランス産の発酵バターの在庫が無く、5月後半も別なメニューで
使用したいと考えております。
大変申し訳ありませんが5月2、3日の2日間限定でフランス産
発酵バターを使用することどうかご了承下さいませ。
9,10日は日本産の100%生乳バターで作ります。
決してコンパウンドやマーガリンなどでは作りませんので
そこはご安心を。。。
IMG_4244.jpg
基本的なお菓子の生地、ジャノワーズ生地。
デコレーションケーキやクリスマスケーキに
使用するお菓子作りの基本中の基本です。
美味しく出来ればクリームなんか付けなくとも
十分にお紅茶に合う美味しいケーキ。
フランス版イチゴのショートケーキで
是非上半期に習得してみてはいかがでしょう。
意外と簡単で毎年皆さまに驚いて頂いております。
IMG_4273.jpgIMG_4276.jpg
<ベーシッククラス>
~Visintandine ヴェジタンディーヌ~※初めての方、どなたでも参加可能です。
フランス3大焼き菓子。マドレーヌ、フィナンシェ、ヴェジタンディーヌ。
この3つのレシピは似ていると言われおりますが、
いやいや別物です。
マドレーヌは全卵使用でいかに被膜を作り、でべそが出来るくらいふくらませるかが大切。
フィナンシェを卵白をあまり泡立てずにアーモンドパウダーを使用する焼き菓子。
そしてヴェジタンディーヌは卵白を泡立て、そしてヘーゼルナッツパウダーを
使い、焦がしバターの風味を楽しむ、ちょっと揚げたようなカリっとした、
そして中がバターの香りジュワ~っというのが極みの焼き菓子。
やめられない止まらないおいしさです。こういう時はカロリーは
気にせず!
今回はフランスらしくバトー型(舟形)でおしゃれに仕上げます。

ヘーゼルナッツパウダーはフランスからバックパックに背負って持ってきました。
(帰国後はクールで配送しておりますので、新鮮なパウダーです)
いらした方には在庫有る限り、お譲りしますので
御安心を~。
(お日にち)5月15日(金)10~12時→定員となりました
16日(土)→12~14時定員となりました
17日(日)→12時~14時あと一名さま
18日(月)→10時~12時定員となりました
21日(木)→10時~12時あと一名様
(定員)各日2名さま
(参加費)5000円
※15,16日2日間限定でフランスから直輸入のバターで
レッスン致します。他のお日にちはフレジエ同様、
日本産の100%バターでレッスン致します。
いずれにしてもご安心を~
2015_01050031_20100627221444.jpg
<お惣菜レッスン>
~キッシュ・オニオン~※初めての方、どなたでも参加可能です。
じっくり炒めたたっぷり玉ねぎのキッシュ。
ただのキッシュではないですよ~
完全にフランスの味付けにしております。
アパレイユにロックフォールチーズを隠し味程度に入れますし、
ワインも使います。
飲んべの方の為にこのレシピを出したといっても過言ではない
ことといイチオシのキッシュ!
深い味が好きな方、是非お楽しみに~
※生地は作っておきます。勿論レシピにも掲載します。
(日程)5月22日(金)10時~12時→あと一名さま
28日(木)10時~12時→定員となりました
30日(土)12時~14時→定員となりました
31日(日)12時~14時→定員となりました
(定員)各日2名さま
(参加費)7000円

※キャンセル・変更について。
7日前の午前11時(レッスンの準備でメールチェックが出来ない為、
以後、午前11時までとさせて頂きます。)
までのお申し出でキャンセル・変更料金はかかりません。
それ以降は全額となること、再度お願い申し上げます。
例5月8日のレッスンの場合。5月1日午前11時の
お申し出までとなります。


最後に、ここ数年で沢山頂くご質問を
この度まとめてみました。

よくある質問としてQ&Aでブログのカテゴリー
作りました。
ご参考頂けたら、幸いです。
上記カテゴリーは2014年2月16日に作成しておりますが
2014年1月1日にブログを転送致しました。
内容に関しましては

PCでご覧になる場合は
この画面左にあるカテゴリーの欄の
「よくある御質問Q&A」をクリックしご覧くださいませ。
尚、スマートフォンの方は2014年1月1日のブログを
遡りご覧くださいませ。
17:55:00 | ことといたより | page top↑
あと一名レッスン情報&第三弾!Bakutableさん×ことといの焼き菓子 2015 / 05 / 23 ( Sat )
IMG_4564.jpg
第三弾!Bakutable×こととい
レモンのマドレーヌと玄米コーヒーセット850円
召し上がれます。
IMG_0624.jpg
昨日から会津若松市内にございます、
ギャラリーひと粒さん内のカフェ、
BakuTableさんでお菓子と珈琲のセットで
コラボしております。
無くなり次第、終了とのことです。
IMG_0633.jpg
尚、レッスン情報もあります。
レッスンを一日のみですが
アトリエにて好評に付きレッスン致します。
場所はBakuTableさんではなく、いつものように
ことといのアトリエで行います。

レモンのマドレーヌだけではなく、キャラメルの
マドレーヌも作ります。お得な2種類となります。

6月6日(土)10時~あと一名さま
12時~あと一名さま

定員4名さま
参加費5000円
※マドレーヌの大きさのフィルム袋に入れて
シーラーをおかけしてお店みたい包装して
お持ち帰り出来ますので、すぐにプレゼントできます。

ご予約はcototoi_web@yahoo.co.jpまで
宜しくお願い致します。

IMG_0605.jpg
お腹がぷっり焼けるのがかわいいマドレーヌ。
日本製の銅線が走っているこの型で焼くから
生地の浮きが良いです。
欲しい方は併せてお知らせくださいませ。
16:09:59 | ことといたより | page top↑
香ばしく焼成 2015 / 05 / 23 ( Sat )
IMG_4529.jpgIMG_4530.jpg
プレゼントしたくなるほどの完成度。
簡単なのにおいしい~。
それが醍醐味のヴェジダンディーヌ。
IMG_4531.jpg
こんなにスレスレに生地を流し込みます。
溢れそうで怖い~!と思いきや、
型ぴったりレシピです。
IMG_4532.jpgIMG_4534.jpg
出来立てカリカリを召し上がれるのは作り手だけの
楽しみ~。冷めて数時間はカリカリが味わえます。
IMG_4533.jpg
ちゃんと底まで焼成がポイント。
美味しさが増しますよ~
IMG_4535.jpgIMG_4537.jpg
ラッピングも抜かりなく。
完成度さらに高くなりますから。
IMG_4538.jpg
シマシマ好きなのでボーダーやストライプ柄は
なんか集めちゃうんですよね~、ついつい。
IMG_4539.jpgIMG_4540.jpg
月曜日はもう7年以上も通って下さるHさんと
山形から2回目のKさんペア。
旅話っていいですね~。
四国行ってみたくなりました!
IMG_4541.jpg
喜んで頂いて何よりです。
ダイレクトなスマイルにこちらも
テンション上がります!
IMG_4554.jpgIMG_4555.jpg
ヴェジダンディーヌ最終日。
ことといのクリスマスオーナメントをお願いしております、
ラミドフロールさんとレッスン!
お互いのいろんなお話が出来て
いつも勉強になります。
職人としてお互い切磋琢磨したいです。
IMG_4565.jpg
新玉ねぎの季節です。
おいしいこの時季にどうしても焼きたかった、玉ねぎキッシュ。
色白で柔らかな美人さんの玉ねぎ。
甘みと旨味がぐ~んと!きてます。
IMG_4566.jpg
これをブーケガルニと白ワインでこんなに
飴色にしていきます。これだけ作って
ステーキやお肴料理に添えても
玉ねぎのコンフィとしてお使いいただけます。
IMG_4567.jpg
ことといでキッシュレッスン今まで受講頂いた方は
この画像ですぐに分りますね!卵液が漏れない
工夫がなされていることを・・・
IMG_4568.jpg
イタリア産ゴルゴンゾーラが隠し味のアパレイユ。
そして最後にモッツアレラのとろけるチーズ100gも
ぶん蒔きますから、絶対的なおいしさです!
IMG_4570.jpgIMG_4571.jpg
焼成もこんなにします。焼成の見極め方も大事です。
ご興味のある方は
来週末30日あと一名さま空きがございますので
是非エントリー下さいませ。



09:05:21 | お教室風景 | page top↑
わたしのお菓子のイメージ 2015 / 05 / 18 ( Mon )
IMG_3573.jpg
フランスから帰国し早1か月。あれもこれもしなくてはいけないことが
たくさんあって、あっという間に過ぎてしまいました。
今回も古巣アルザス地方で研修をさせて頂きました。
当初、3~4日間の契約でしたが、日々交渉し
3週間お仕事をさせて頂きました。
私のパトロンのマダム曰く「フランスで一番おいしい
クグロフが食べれるパティスリー!」とのお墨付き。
(クグロフとはアルザス地方で食べる発酵菓子)
毎日お昼には2個のペースでケーキを食べても
まだ食べきれないほどヴィエノワズリーも
含め、そして復活祭の為のショコラをも手がける
本物のパティスリーでした。もちろん、キッシュなどの
お惣菜もあります。復活祭の前はお客様がお店からはみ出るほどの
繁盛ぶり。アルザスはフランス全土でもっともパティスリーの
激戦地と言われるほど老舗が多い地域。
だからこそ本場の職人の方、素材、妥協しない技術すべてが刺激的でした。

帰国後、学んできたことを日本でおいしい味にしなければならない
自分にかせたミッション。そもそも素材の持つ力(チカラ)が違うので
フランスと同じようにやってもできません。これは20代で渡仏した時から
分っていました。
だから自分が素直に感じた印象と直感と舌でしか
自分のオリジナルのレシピを構築できないと考えています。

来月のフランナチュールはそうして自分の味にしました。
下記のカスタードパイのような、カスタードと生クリームを合わせた
クレーム・ディプロマートのような豊かな味のアパレイユを目指しました。
(レシピでは生クリームは使用しません。その代りヒミツの材料を
使います。フランスではこれをふくよかな味にするために良く使います。)
IMG_3580.jpg
追加日程いたしました。
6月5.7日。2日間のみ。
IMG_4480.jpg
7日は既に定員となりました。
詳細は下記ブログ・6月メニュー&スケジュールをご覧くださいませ。
IMG_3560.jpgIMG_3840.jpg

もうひとつスフレチーズケーキの真髄に触れた
パティスリー研修。泡立て方と表面が割れない為の焼成の仕方に
こんなに情熱を注ぐシェフ・パティシエのジャン・リュック氏。
本物の中の本物に直々に伝授頂きましたケーキの一つ。
お互いのルーツをはじめ、カタコトながらもシェフの思いを
感じての日々。若いパティシエさんにも決して声を荒げることなく
論理的にパッションも入れつつの指導。
人を育てているのだと、苦労してきた職人さんなのだと
リスペクトせずにはいられませんでした。
そういう逸材に出会えたのは一生の宝物です。
IMG_3556.jpg
我研修先のパティスリーには職人だけが自分に
浸れる中庭があります。そこにはレモンがあちこちに。
このレモンの印象と自分なりの自分が感じたスフレチーズケーキを
形にしたく、6月にレッスンを決めました。
レシピは何度か試作しましたが、自画自賛のケーキになりました。
IMG_4521.jpg
特に追加日程はございませんが、
お日にち合えば是非、トライしてみてはいかがでしょう。
1日~2日間冷蔵庫で寝かせると、びっくりな美味しさに
なりました。馴染むってやつです。何事も実験済みです(笑)
21:08:53 | ことといたより | page top↑
訂正:6月のメニュー告知 2015 / 05 / 13 ( Wed )
IMG_4480.jpg
明日5月15日(金)20時に6月のメニュー&スケジュールを
同ブログへUP致します。
初めての方も大歓迎!
お菓子作りの基本の生地やクリームを知るのには
絶好の6月。おいしい食べ方や保存の仕方も
この機会に是非学んでみてはいかがでしょう。
21:56:43 | ことといたより | page top↑
フレジエ大好評!!! 2015 / 05 / 13 ( Wed )
IMG_4444.jpg
大好評を博しておりますフレジエ。
なかなか福島県ではお目にかからない生菓子ですが、
フランス菓子では定番中の定番のケーキ。
皆様に受け入れて頂けていること、本当に嬉しいです。
IMG_4445.jpg
ひとつひとつ丁寧に生地も仕上げて頂いております。
皆様に生地作りのノウハウをぜ~んぶ伝授しております。
IMG_4447.jpgIMG_4449.jpg
おいしいのは勿論ですが、どなたもほぼ同じ完成度の高さに
仕上がっているのではないでしょうか?
何回も試作してこのレシピが出来たこと、自画自賛です。
IMG_4450.jpg
ことといの生徒さんは本当に長くお付き合いいただいております。
本当に感謝せねばなりません。
皆様のめざましいスキルUPを毎月目の当たりにしております。
「継続は力なり」って本当ですね。
この生地の出来栄えがそう物語っております。
IMG_4451.jpg
ココ!レッスンで一番おもしろいところ!
こういうシカケになっていたのです!
皆様驚いて下さると私も嬉しいです。
IMG_4454.jpgIMG_4455.jpg
いろんなイチゴカットの仕方があります。
母の日にもってこいのケーキ。
ステキな母の日が目に浮かびます。
IMG_4452.jpg
神戸のお菓子詰め合わせ頂きました。
どれもおいしくておしゃれ~。
さすが、神戸!
IMG_4457.jpg
お見事な満月焼き!
桧枝岐の生徒さん、そして初参加の生徒さんも
このケーキを心から喜んで頂きました。
IMG_4458.jpgIMG_4459.jpg
側面にしっかり張り付いたイチゴとたっぷりクリーム。
ボリューム満点で、そして乙女なケーキ。
IMG_4460.jpg
お庭に咲いらっしゃるとシランという蘭を頂きました。
お庭を愛でながらお茶とケーキ。
最高だな~
IMG_4462.jpg
追加の追加で日程を組んで参りました
フレジエも終盤。生地づくりもバッチリです!
IMG_4463.jpg
おいしいイチゴと最強のクリームとの相性はいかがでしょう。
満面の笑みで頬張って頂けましたら、本望でござます。
IMG_4464.jpgIMG_4465.jpg
受講頂いている生徒さん皆様、
本当に素晴らしいデコレーションです!
いいですね~、思い思いに飾って下さい!

皆様のフレジエ。
日常のフランス菓子ですが、一生懸命作ったケーキは
どれもが芸術作品です。素晴らしい~☆



19:53:37 | お教室風景 | page top↑
おいしいヘーゼルナッツとバターとスパイス 2015 / 05 / 11 ( Mon )
IMG_4438.jpgIMG_4443.jpg
東京とフランスで美味しい素材を仕入れました。

ブーケガルニにで玉ねぎをしっかり炒めます。
勿論白ワインも使います。
その際、なかなかブーケガルニ(パセリやセロリなどの香味野菜やハーブなどを集めタコ糸でくくったもの)を
作っておくのは面倒。ですが、もうすぐに使用できるパッケージされたものがあります。
これは魔法のサシェ(香り袋)です。

そしてバター!東京は何でも売っていますね~
おいしいアメリカ輸入100%バターを仕入れました。
特徴はコクがあり、生地に練り込むと良い風味になります。
是非レッスン受講の方、おいしい3種の材料で作りますので
どうかお楽しみに!
今月後半のレッスンの新玉ねぎで作る、
おしゃれキッシュ・オニオン。
チーズはイタリア産のゴルゴンゾーラが隠し味。
たっぷりのとろけるチーズをぶん蒔き、平日のレッスンは
お昼のランチに間に合うように12時には出来上がってしまいます。

5月22,30,31日各日あと一名さまで終了。
今年度限りのレシピになります。
キッシュ好きの方、是非トライしてみては!

IMG_4434.jpg
すてきなカフェを教えて頂き、東京のとあるフレンチカフェへ。
日替わりのキッシュを頂いたところ、偶然にもキッシュ・オニオン。
アパレイユ(タマゴ溶液)がおいしくてアツアツを頬張れて幸せでした。
キッシュを頼むとバゲットもついてくるところが、さすがフレンチカフェです。
奥さまがフランス人ということもあり、フランスと同じスタイルなのが
よくわかりました。とてもステキなお店です☆
IMG_4439.jpg
今週から始まるヴェジタンティーヌ。
フランスでは珈琲を頼むとこのお菓子の小さくしたものが
添えられてきます。本当においしくてバターがじわっ~として
フランス菓子好きには定番で王道。

わたしのヴェジタンティーヌは上にこのヘーゼルナッツの皮つきを
カリカリに香ばしく糖がけしたクラクランにしたものを
振りまきます。そこがまたカリカリ食感が楽しくて、
いくらでも食べてしまいます。
IMG_4442.jpg
フランス産の皮つきヘーゼルナッツを粗挽きにして頂き、
空輸で持ってきました。このヘーゼルナッツのパウダーが
無いと、もうぜんぜん違う味です。
少しお譲りもできますので、お申し付けくださいませ。

5月17,18,21日各日1名さまで修了です。
そして来年度はレッスン致しませんので、
この機会をお見逃しなく!


16:51:01 | ことといたより | page top↑
GWフレジエのレッスン 2015 / 05 / 03 ( Sun )
IMG_4337.jpgIMG_4338.jpg
発酵バターで仕上げる2日間!
フランスの発酵バターは香りが違います!
味見しながらの初日。
濃厚なクレーム・ムースリーヌに皆さま、驚愕のご様子!
IMG_4339.jpgIMG_4342.jpg
イチゴのお菓子はやはり華やかですね~
お1人お1人個性が出ております。
素晴らしい出来栄えに感動致しました。
そして完成度が高いです!
イチゴの並べ方もパーフェクト!
IMG_4346.jpgIMG_4348.jpg
本日もフランス発酵バターでレッスンでした。
伸びの良いバターですので、クレーム・パティシエールと
すぐに混ざってくれます。
ジェノワーズ生地も美味しそうに出来ました。
この生地だけでも何も付けなくてもおいしいですよ~
IMG_4350.jpgIMG_4352.jpg
今日は山形県から初ご参加!
遠方遥々、そしてGWで道路が混んでいる大変な中、
いらして頂きました。
やはり今日もパーフェクトなムースリーヌと
組み立て!いちごって愛らしいですね~

明日から埼玉県へ!
いろいろやってきますので、
またGW明けのブログでお知らせいたしますね。

そして会津若松市のBakutableさんで
5月半ば過ぎにことといレモンのお菓子を
お出しする予定です。
こちらもおいしくキュートな出で立ちの
お菓子にしたいと思います。
ではでは、良きGWを!


20:01:27 | お教室風景 | page top↑
5月素材と道具について 2015 / 05 / 01 ( Fri )
①ひとつ揃えておくと便利な型。
フレジエで使用するφ15㎝×H4㎝セルクルは
ことといのアントルメでは一番使うサイズ。
そしてお家で作るのに、またはプレゼントするのに
最適なサイズです。
おひとつ税抜1080円です。

②フレジエではイチゴのリキュールを使用します。
フランス・ブルゴーニュ地方ディジョン産
芳しいイチゴリキュールです。
こちらもお楽しみに!


③ヴェジタンティーヌのバトー型欲しい方も
お知らせください。
こちらも4月26日20時までお申しつけください。
こちらはたくさん頼むと2割引きになるかもしれませんので
出来るだけまとめて発注をかけたいと思います。
通常価格税抜700円ですが2割までなんとか交渉します。
2.5割引き交渉成立しました!5月1日現在
しかもフランス製菓道具ブランド、マトファーのブランド品です。
思った焼きに仕上がります。
ヴェジタンティーヌやフィナンシェやマドレーヌは熱の効率が重要です。
私はこれでプチ・タルトも作ります。
しっかり焼成できるので型外れが良いです。
材質がスチール、錫メッキだからです。
こちらもお知らせくださいませ。

④ヴェジタンティーヌで使用するフランス産
ヘーゼルナッツパウダー粗挽きもお取り置き
承ります。50gで150円(税込)となります。
フランスから買い付けて参りました。
粗挽きでなければこのお菓子の奥深さは
出せません。フランスではアーモンドより
ヘーゼルナッツのほうが頻繁にお菓子に使われます。
プラリネとか・・・ヘーゼルナッツはフランス語でノワゼット。
プラリネ・ノワゼットをことといでも何度か使用しております。
見た目地味なお菓子ですが、食べて美味しさにびっくりして頂けると思います。
おそらく、マドレーヌやフィナンシェより好きな人多いと思います。

⑤キッシュ・オニオンで使用するマトファのキッシュ型税込4752円。
こちら深めのφ20㎝のキッシュ型です。
少々お高めですが一生もので私は15年以上使っております。
キッシュ・オニオンレッスンでご所望の方、こちらは
中一日(土日抜き)で届きますのでそれまでにお知らせ頂ければ
大丈夫です。

⑥隠し味のチーズですがロックフォールを使用せず
同じブルーチーズの仲間のイタリアのゴルゴンゾーラ使用します。
理由はロックフォールはヤギのお乳からできたチーズで
少しクセがあるからです。ロックフォールは牛乳からできた
日本人にも食べやすいブルーチーズです。
今月東京で仕入れて参ります。どうか、お楽しみに!

では、ご不明な点などございましたら、
メールでご連絡くださいませ。



16:16:00 | ことといたより | page top↑
イチゴシフォン→ベーグル→かすてら→カップケーキ 2015 / 05 / 01 ( Fri )
IMG_4300.jpg
IMG_4236.jpg
月日の経つのは早いですね~、もう5月。
なかなかブログへ皆さまの作品をUPすることできずじまい。。。
さてさて、ベーグルまで遡ります。
IMG_4237.jpg
おかずだけでお腹いっぱいになってしまったかも・・・ですね~
サラダ、スープ、グラタン・・・デザートはフランス土産・・・
お腹いっぱいです!
IMG_4239.jpg
こんなにこんがり焼けました。
まん丸くてかわいい仕上がりです。
IMG_4241.jpgIMG_4243.jpg
なるほど~、縦に入れると更にかわいいラッピング!
お店のようです。
IMG_4269.jpgIMG_4270.jpg
春満載!イチゴの季節!シフォンも色良く仕上げたいです。
イチゴのシフォンを作るとどす黒く出来てしまうというお悩みを
よく聞きます。
有ることをして頂ければ、大丈夫です!
IMG_4271.jpg
風味付けにリキュールも使用しているので
ふくらみはこのくらいです。
IMG_4279.jpg
パン好きな方でもベーグルは一番人気!?なのでしょうか。
やはりこの独特のモチっとした感じがお好きなのかもしれません。
クセになりますからね~
IMG_4281.jpgIMG_4282.jpg
ビギナーにはもってこいのパン。
しっかり成形もすることで、ドーナツのように丸く仕上がります。
そしてこんがり焼くためのヒミツもあります。
出来立ては外パリッと中もっちりアツアツ。
IMG_4285.jpg
目からウロコとおっしゃって頂いた、イチゴのシフォン。
本望でございます。やはり家族人気ナンバー1はシフォンでしょうか。
シンプルなお菓子ですがコツ満載です!
IMG_4286.jpgIMG_4287.jpg
冷めると型と同じ高さになります。
ただ冷ましただけでなく、スムーズな型はずしのために秘密があります。
IMG_4288.jpgIMG_4290.jpg
完璧なくり抜き!なにも言う事が無いです!
IMG_4301.jpg
今日は急きょお休みが出て私も一緒にお作りすることになりました。
こねこね、これ大事!
IMG_4302.jpg
しっかり発酵させて、茹でる準備です。
IMG_4303.jpgIMG_4300.jpg
生徒さんにすべてのベーグルをお持ち帰り頂きました!
ラッキー・ガールです!冷凍にしてサンドイッチお弁当とのこと。
おしゃれですね~
IMG_4304.jpg
シフォン最終日!ピンク色キープです!
IMG_4305.jpg
型の7割が成功の目安です。
IMG_4306.jpg
練乳ホイップは是非お家で軽く立て直して添えて・・・
IMG_4307.jpg
完璧に冷めました。しっかり焼きこむことも型はずしには大切な事。
IMG_4309.jpgIMG_4310.jpg
パーフェクト!しっかり弾力もあります!くり抜き、自信が持てたのではないでしょうか・・・
IMG_4311.jpg
ほら、この通り!
IMG_4313.jpg
こちらもしっかり焼成し冷まします。割れ目までしっかり
焼き色が付くまで焼成です。
IMG_4314.jpgIMG_4316.jpg
完璧なくり抜き!焼き色までしっかりこそいでくださいました。
つるん、としてます。
IMG_4319.jpg
4月は新人さんが4人もいらして下さいました。
本当にうれしいです。ことといへいらして下さる方は
本当に皆さまステキでマンパワーとしてレベルが高いです!
私のほうが大変勉強になっております。
IMG_4320.jpgIMG_4321.jpg
手作りすることが好き!これ一番です。良い材料で作るので
美味しいし、安心だし、経済的です。これでご家族や
大切な方々が喜んでくれたら・・・最高ですよね!
そういう原点に戻る4月レッスンでした。
IMG_4322.jpg
日本のお菓子の定番、かすてら。
どういう状態の卵を使用するか、どう混ぜるか、
どう保管するか、どういう材料を使うか・・・
シンプルですがポイント満載です。
IMG_4323.jpg
久々に3名さまレッスンで、しかも20代プロのカメラウーマンも
初参加!いつか、撮影頂きたいですね~◎
IMG_4324.jpg
こんなにしっかり焼成します。でも大丈夫!ちゃんと3日後にはしっとり
ふかふか、特製ですから。
IMG_4325.jpg
華やかなイチゴがある季節にこのカップケーキのレッスンは
かかせないケーキ。かわいいし、意外とデコレーションもカンタン。
というか、このデコレーションが楽しいのです!
IMG_4327.jpg
ボリューム満点ですが、複雑な味にしているので飽きずに
ぺろっとひとついけちゃいますよ~
IMG_4328.jpg
日増しに気温が上がる日々。
クリームがダレ無いうちに冷え冷えに。
手作業が手早くして頂いたのが功を奏しております。
IMG_4329.jpg
バタークリームも完璧です。
作る工程で味見して確認。
最初はバニラアイスのような味と滑らかさ。
ここにキャメルペーストを入れて、更に深みを増した
味にしていきます。
IMG_4331.jpg
上にちょこんと載っているのはスミレの砂糖漬け。
フランスで購入した物です。
そしておしゃれなこと教えて頂きました。
このスミレの砂糖漬けをシャンパングラスに入れて、
ペリエなど炭酸水を注ぐと5分後にはグラスの中が
グラデーションできれいに。そしてスミレの香りの付いた
炭酸水が本当においしい!夏にいいですね!

今日から新緑の5月!
帰国後ノンストップで3日までいきます。
今日はレッスンお休みですが、Bakutableさんで
お菓子の仕込みです。
張りのある5月になりそうです!

5月のレッスンをエントリー頂いている生徒さん方々!
また新しいものをどんどん発信していきますので、
どうかお楽しみに~◎

08:31:26 | お教室風景 | page top↑
 | Diary |