草春窯田崎さんの器×ことといスイーツ@ギャラリーひと粒さん 2014 / 11 / 29 ( Sat )
IMG_2030.jpg
会津若松にございます、ギャラリーひと粒さんにてイベントも残すところ、明日のみ!会津美里町の草春窯の田崎さんの器にお菓子を盛らせて頂いた夢のような数日間。いらして頂きました、皆様。
本当にありがとうございます。
IMG_2029.jpgIMG_2028.jpg
ホールケーキの為に以前から欲しかった
平らな大皿。そして、今回アップルパイタルトを盛らせて頂いた、デザートプレート。田崎さんの作品では珍しい正方形の器。どれもこれも欲しくなってしまいました。本当に使いやすいです!
IMG_2021.jpg
この度もギャラリーひと粒さんのキッチンをお借りして、お菓子作りをさせて
頂きました。ときおり、オーブンからの
りんごとバニラの香りが私たちの食欲とワクワク心を刺激しました。
IMG_2058.jpg
無事に一日目の栗のティラミスが終了。
そして、全て3日間、満員御礼。
この上なく、嬉しゅうございます。
IMG_2014.jpgIMG_2017.jpg
二日目、三日目は温めてお出しするアップルパイタルト。午前のレッスンを終え、
すぐにひと粒さんへ駆け付けました。
あたふたしましたが、次第に落ち着き、
なんとか無事に終えることが出来ました。
有難いことに、ひと粒さんのカフェ担当、
Baku tableさんから美味しい芸術的な
パスタの賄いを頂きました。
そして、田崎さんの器で頂く、最高に贅沢な極み!普段からこういう器にパスタを
盛り付けてみるのも、ステキです☆
IMG_2026.jpg
そして、そして、またまた美味しい賄い登場!!!手作りマヨと自然卵のオムライス。中のキノコたっぷりご飯。
賄いと言わず、メニューにしてください!とお願いしちゃうくらい美味しすぎました!とにかく、頑張って良かった!と
思える数日間でした。
IMG_2033.jpgIMG_2039.jpg
器は使わないともったいないので、
早速、我が家で使いました。
我が家定番ゆで卵ポテトサラダコロッケ。
大学時代のバイトの先輩から
ご伝授頂きました、メニュー。
田崎さんの器は料理好きの腕を
上げてくださいます。嬉しい限り。
田崎さんからオードブルやカナッペなど
盛るのに買い求めるお客様が多いと
伺いました。
私も年始でカナッペオードブルに
挑戦してみようと思います。

あと残すところ、明日のみ。
是非ギャラリーひと粒さんにて、
Baku tableさんのランチ頂きつつ、
田崎さんの器に酔いしれてみては
いかがでしょう。。。

20:01:21 | 日々あれこれ | page top↑
ほっこりお菓子 2014 / 11 / 29 ( Sat )
IMG_2045.jpg
あったかいお部屋でリンゴの皮を剥きながら
「秋冬っていいね~」と思わず、言ってしまいます。
外が寒ければ寒いほど、このお菓子の良さを
感じます。100%バターの美味しいパイ生地。
もうこの味を知ってしまったら、もう昔の
自分には戻れません(笑)
IMG_2048.jpg
昨日のレッスンはことといのオーナメントを
お願いしております、ラミドフロールさんと
そして初!ご参加の私のフラの先輩のペアで
スタート致しました。
ノエル・ド・ハワイコナで使用させて頂く、
蘭のオーナメントはクリスマスが終わりましたら
こんな風にキャンドルと合わせてディスプレイ。
お部屋がぐ~んとおしゃれになること請け合いです。*画像はラミドフロールさん作です。
IMG_2050.jpgIMG_2051.jpg
待つことも工程のうち。
失敗しない3つのポイント、全て伝授。
きっと、お家でも成功します!
IMG_2056.jpg
早速お家で、アツアツに温めてバニラアイスを
添えた画像を頂きました。
パリのカフェ・ドゥ・マゴのようで
おいしそう~◎
IMG_2052.jpg
シュトーレン後半戦スタート!
初めまして~の生徒さん。
実はご一緒の方が偶然にも
お知り合いだった!という、サプライズ☆
世間って狭いですね~◎
IMG_2053.jpgIMG_2055.jpg
焼き立てにこんなにバター塗ります。
勿論、100%バターです。
このバターと魔法の粉で
しっとりさが日保ちします。
IMG_2054.jpg
初参加の生徒さん。
来年にはお仕事でスリランカへ!
セイロンティー、いいな~、本当に
羨ましいです!
本日は国際色豊かに旅話、語学のお話で
盛り上がりました。

皆さま、日々のお疲れ年末でございますが
自分のためにお菓子をこさえて、
ほっこりティータイム、楽しみましょうね~◎
18:36:09 | お教室風景 | page top↑
巴里の空の下タルトタタンの香り漂う~ 2014 / 11 / 27 ( Thu )
IMG_2041.jpg
お菓子作り好きな方の憧れのお菓子、
タルトタタン。手間暇かかりますが、
なんと!あっという間に家族に食べられちゃいます(笑)
この数か月諸々皆さまのお話を伺うと、
会津若松には販売しているところが無く
あまりメジャーではないお菓子であることを
知りました。
製菓業に携わりますとこのお菓子は
秋冬の定番でして・・・
パリのカフェやレストランでは必ず用意してある
デザートのひとつです。
パリも寒さが厳しいので、温かいデザートは人気です。
タルトタタン、オーブンで温め直してアツアツを頬張れば
寒さなんて吹き飛びます!
IMG_2043.jpgIMG_2044.jpg
今日も大成功!!!
本日はサンふじ、紅玉を半々で
作ってみました。
う~ん、やはり水分が多すぎる種類のりんご達ですね~。
それにしても完璧に出来て、本当に良かったです。
レッスンでお伝えした、りんごで来年また
お作り頂いたら、幸いです。
違いが分かり面白いかもしれません。

生乳100%のバターとリンゴの芳しさ。
是非今晩のデザートにバニラアイスを添えて。。。
18:10:18 | お教室風景 | page top↑
生徒さんからのおいしい投稿 2014 / 11 / 26 ( Wed )
IMG_2037.jpg
生徒さんから嬉しい投稿頂きました。
昨年レッスン致しました、かぼちゃプリンの
おしゃれな画像をYさんから頂きました。
桧枝岐からもう3年も通って頂いております、
Yさん。自作のカボチャでしょうか???
おしゃれでおいしそう!手作りが一番おいしいくて
納得のいく味になると思います。
ステキな画像本当にありがとうございます!
IMG_2036.jpg
先日、ことといへ初レッスンへいらして頂いた
Sさん。北海道から会津へ。。。
そう、赤べことシュトーレンの画像を
頂きました。こととい2014年シュトーレン大絶賛頂きまして
本当にありがとうございます!
早速どんどんシュトーレンを仕込まれているとのこと。
どうぞどうぞ、好きなだけリキュールぶん蒔いて
頂き、最後の一切れまでご堪能頂けたら、幸いです。
※ちょっと画像が小さくなってしまいました。
画像変換処理できなくて、すみません。

これからシュトーレンレッスンの方々、
どうかどうかお楽しみに☆
11:41:46 | 日々あれこれ | page top↑
大絶賛!贅沢極みなスイートポテト 2014 / 11 / 26 ( Wed )
IMG_1992.jpg
種子島安納芋で作る、贅沢スイートポテト。
ご試食の段階で絶賛頂いております、このお菓子。
優しいお味ですがかなり濃厚。
こんな寒い日にはほっこりなお菓子にお茶が
気分をゆったりさせますね~
IMG_1994.jpgIMG_1996.jpg
きれいに絞って頂きました。
もちろんそのままボート型にネタを均しても良いのですが
ボリュームが良く見えますし、絞りのお勉強も兼ねていて、
一石二鳥です。蛇行させると焼き目がキレイですし。
IMG_1999.jpgIMG_2001.jpg
左右蛇行させる理由は均等に声高に仕上がり、
見た目にも良いからです。いろいろ絞りを試作した結果、
均等に左右に比重がかかることが上手くいくポイント。
不安定なボート型ですが、相殺して形よく焼き上がるのだと思います。
IMG_2012.jpg
おいしいお時間はあっという間・・・
舌触りのために裏漉しいたします。
焼き立てなのですぐに簡単に裏漉しできます。
ご試食の際、気に入って頂けて本当に嬉しゅうございました。
濃い珈琲にアールグレイに本当に良く合います、
このスイートポテト◎
IMG_2004.jpgIMG_2011.jpg
会津若松市内にございます高校の
家庭科の先生と同僚の方が
初レッスン!!!
さすが!家庭科の先生!!!
丁寧ですし、完璧な絞りでございます!
新婚さんの先生◎お腹の赤ちゃんも
おいしいって言ってくれてるかな~☆
IMG_2023.jpgIMG_2024.jpg
今年の春から産休を終え、お仕事復帰の
生徒さん!お久しぶりですが、そう思わせない
気さくなかわいいお母さん。
育児、お仕事と大変な時にいらして頂いて
本当に感謝です!お茶とお菓子、
どうかどうかゆるりお時間少しでも
とってくださいね~◎



11:01:05 | お教室風景 | page top↑
ことといクリスマスじたく 2014 / 11 / 18 ( Tue )
IMG_1937.jpgIMG_1939.jpg
もう冬じたくはされましたか?
ことといアトリエではめっきりクリスマスモード。
ちょっとその前に美味しいリンゴの季節には
ぐっと身も心も温めるタルトタタン作り。
IMG_1943.jpg
初日、私のミスであることを完全にしなかったことで
最後の型はずしが難儀に・・・
あ~、ごめんなさい!「味は抜群に美味しかったですよ!」
とお気遣い頂いた生徒さん方々。。。
いえいえ、本来型はずしは簡単なのに
これでは、なんともいけません。
それなのに・・・あ~・・・ということで、
少々お待ち頂いて、後日すぐにお作り直しました◎
IMG_1957.jpg
大成功!!!
あることちゃんとやりましたから、もう怖いものなし(笑)です!
IMG_1958.jpgIMG_1959.jpg
生徒さん方々も喜んで下さり、
本当に胸を撫で下ろしました。
ごゆるりとご堪能頂けたら、幸いです。
IMG_1947.jpgIMG_1949.jpg
スイートポテト、生徒さん方々から
すぐに大絶賛の御メール頂きました!
ヒミツのお芋の焼き方!!!
これに尽きます。
IMG_1951.jpg
こんがり幸せ色はもちろん塗り卵してますが
それだけじゃ~、普通のスイートポテト。
芋の焼き方と照りの付け方など贅沢!と名付けた
身としては、みなさんに喜んで貰えなくては!ですね。
IMG_1973.jpg
生徒さんが午前中、打ち立ての新そば!
ボリュームたっぷり◎そして完璧な
裁ち方に脱帽。美味しい新そば最高でした。
IMG_1964.jpg
さてさて百発百中のタルトタタンに挑戦!
サクサクパイももちろん100%バターです◎
IMG_1962.jpgIMG_1991.jpg
完璧な出来栄えのタルトタタン◎
あることちゃんと守ったのでか~んたん☆
IMG_1986.jpg
お家が農家さんという生徒さんから
売り物のダリアを頂きました。
鮮やかな赤、深紅なダリア。
アトリエが華やかクリスマス気分も盛り上がります!
すてきなお花とおいしい紅あずまご馳走様です。
IMG_1974.jpg
さあさあ、はじまりました、シュトーレンレッスン!
今年はフロマージュブランというフレッシュチーズを
練り込んで作る、乳酸発酵がさわやかな風味を
もたらす特製生地。
生徒さんから、「こんな風味の良い生地初めて!」と
喜びのお言葉頂きました。
IMG_1975.jpgIMG_1976.jpg
IMG_1977.jpgIMG_1978.jpg
100%バターたっぷり全部塗って頂きます!テカテカして
美味しそうです!熱いうちにバターを染み込ませることは
勿論ですが、実は仕上げのこの粉砂糖。
砂糖だけ食べてもおいしいように魔法をかけておりますよ!
あと12月1日、9日各日1名さまで本年限りあと2名さまで
終了となります。
IMG_1979.jpg
お箱にこうしてかわいいシールを貼ると
ぐっとクリスマス気分がフツフツ湧いてきます。
クリスマスまで復習してシュトーレン好きのお友達に
プレゼントしたら、また頼まれますよ、絶対!
ふんだんに良い材料を使用して
間違いな美味しさなので、既製品では
味に物足りなさを感じるかもしれません。
少し大袈裟ですかね~・・・
IMG_1980.jpg
はじめまして~☆の生徒さんは
今年北海道から会津へ移住された生徒さん。
フロマージュブラン、通常会津には売っておりませんので
殆どの方が経験されていないお味。
ですが、さすが!北海道!小さな牧場でも
フロマージュブランを作り、売っているとのこと。
いいな~、北海道。おいしいものの宝庫☆
はじめての生徒さんから手作り石鹸頂きました。
「はちみつオレンジ」の石鹸。
ブレンドもセンス良く、ラッピングも自分のハンコで
オリジナルだけどおしゃれ。これって大事。
石鹸ネットも同梱、これが心憎いです。
大事に使います。本当にありがとうございます!
IMG_1987.jpgIMG_1988.jpg
昨日もリンゴのタルトタタン百発百中大成功!!!
このつややかさ、鏡のようです。
ゼラチンのつやではないですよ~(笑)
これはリンゴ本来が持つペクチンの効果です。
日本のリンゴは掛け合わせて糖度と大きさを
競う果物になっている印象を受けます、
勿論、生で食べるのおいしいです。
ただ熱を通して食べる際、過剰な蜜や水分が
なかなか難儀で不本意ながらプレザーブに
なってしまうか、鍋を激しく焦がしてしまい、
鍋を一つダメにするようなことになっています。
ことといでは3つのポイントをレッスンの際、申し上げます。
これを守るだけで、百発百中です(笑)
本にある普通のというかフランスと同じ作り方をしても、
まず出来ないと思って頂いてもよいかもしれません。
理由はフランスと日本のリンゴはまるで別のものだからです。
IMG_1990.jpg
すてきなトルコキキョウ、もう優勝しちゃったかのような
花束をたくさんたくさん頂きました。
農家さんでお花をたくさん栽培しているとのこと。
このお花のように楚々とした女性になりたいです(笑)
ステキなお花を本当にありがとうございます!



11:50:02 | お教室風景 | page top↑
注文〆切りました。シュトーレン受講生徒さんと材料に興味ある方へ*レッスンあと4名様! 2014 / 11 / 09 ( Sun )
来週末からシュトーレンのレッスン。今年のみのレッスン!
(来年は来年の風が吹きます(笑))
ご試食も早めに仕込んでバターを生地に
馴染ませておきますね!早速ですが今年のシュトーレンで使用する材料を発注かけます。

今年も製菓業者同士の材料の争奪戦を避けるため、早めの発注となります。
大変恐れ入りますが、ご希望の方は
今週末11月9日(日)18時までに
cototoi_web@yahoo.co.jpまでご連絡下さいませ。

<マジパンローマッセ>100g/税込972円
スペイン・マルコナ種の最高級のアーモンドパウダーと
砂糖を練って加工したマジパン。
ケーキにバラや葉っぱなど色粉を入れて
細工されてあるものをご存知の方も多いはず。
「味がちょっと・・・」と思われているのでは、
ないでしょうか。通常細工用のマジパンと
お菓子の生地に練り込むタイプと2つに分類されています。
細工用はアーモンドパウダーと砂糖の比が1:2または1:1です。
ですが生地に練り込むタイプ、つまりマジパンローマッセは
アーモンドパウダーと砂糖の比が2:1なので濃厚
そのまま食べてもアーモンドの種子の香りがフルーティーで
驚きのおいしさです。
100gで5回作ることが出来ます。賞味期限は2015年2月3日ものが届きます。
発注先
東京・代官山イルプルシュルラセーヌさん→http://item.rakuten.co.jp/ilpleut/ya018m/

<フロマージュ・ブラン>500g/税込1300円~1625円
(発注のタイミングにより変動します、ご了承下さいませ)
正統派のドイツ式シュトーレンは生地にクワルク(クヴァルク)という
フレッシュチーズを使用します。日本にはなかなか入ってこないようです。
クヴァルクチーズに似ているけど、もっと贅沢でおいしいチーズを
使用して作ります。そのまま食べても美味しいです。
ヨーグルトより酸味が無く、それでいて濃厚でクリーミーです。
このチーズを使用しなくとも作れるレシピにしてありますが、
俄然味の違いがあります。

フランス・ノルマンディー地方は酪農がさかんです。
電車で旅すると、牛があちこちにおいしそうに
自然の草をむしゃむしゃ食べている光景を
よく見ます。そのまま電車で行けば世界遺産モン・サン・ミッシェルです。
リンゴも特産、バターも特産、塩、もう美味しいものだらけの
ノルマンディー。この地方のイズニーと共同開発
北海道タカナシ乳業さんが作った、製菓業界では
もっともポピュラー。そして、おいしいです。

おっと〜、大事な料理を忘れてました!
アルザスの料理で、タルト・フランベという一見ピザみたいな料理があります。
ピザでは無い!とフランス人にピシッと
訂正をくらいます。
ピザとは違う理由はフロマージュブランを
使い、ホワイトソースを生地にのっけて焼く…近い感じの料理です。ピザよりあっさりで、デザート系や食事系など様々です。
アルザスワインがよく合います。

500gで5回作ることが出来ます。
賞味期限は25日間前後の商品が届く予定です。
一度に発注致しますので、ある程度の誤差はご了承くださいませ。
発注先
北海道タカナシ乳業さん→http://www.takanashi-milk.com/shopdetail/003000000014/order/

どちらも自分で確かめた本当においしい、秀逸な材料です。
クリスマス前に是非、シュトーレン自分のモノにして頂けましたら、本望でございます。

11月16日(日)→12時~定員と鳴りました
12月9日(火)→12時~あと一名さま
12月10日(水)→12時~2名さま予約可能です。
12月11日(木)→12時~2名さま予約可能です。

18:27:27 | ことといたより | page top↑
おいしい週末フランス菓子レッスン 2014 / 11 / 09 ( Sun )
IMG_1877.jpg
もうなんだかんだパンチの効いた
パンデピスも終盤を迎えてしまいました。
IMG_1878.jpgIMG_1880.jpg
なかなか日本には無い馴染みないケーキ
かもしれませんが、いらして頂いた方々、
絶賛のお言葉を頂きまして、
このケーキをレッスンして良かったな~と
思いました。
IMG_1897.jpg
喜多方から、那須から、埼玉から。
皆さま遠方からこの暴れん坊でパンチの効いた
ケーキをこよなく愛でて頂きました。
IMG_1899.jpgIMG_1900.jpg
どんな味だかわからないけど、ご興味が湧き
いらした方々は本当にチャレンジャー!
それでこのケーキ気に入って頂けたことが何よりうれしくて、
フランス菓子ってやめられないな~って思います。
IMG_1923.jpg
埼玉の生徒さんから大きなキャベツとブロッコリー、
そしてみかんまで頂きました!どれもこれも味が濃くて
最高の自然の恵みでした。趣味でお作りになっているとは
思えないほど、完璧なお野菜・果物でした。
本当にご馳走様です。
IMG_1917.jpg
今年最後のモンブランケーキは「PERO」さんと
お仕事仲間とのペア!
IMG_1919.jpgIMG_1920.jpg
お二人とも、練習なしでこの素晴らしい出来栄え!!!
一家団欒で頬張っているお姿が目に浮かび、
シアワセになります!

11月も半ば。
クリスマス、年末まで突っ走ります!!!
16:38:39 | お教室風景 | page top↑
12月クリスマスレッスンメニュー&スケジュール告知 2014 / 11 / 08 ( Sat )
IMG_1896.jpg
もう年末までのスケジュールをUPする時季に
なってしまいました。。。
一年って本当に早いですね~◎
一年間の〆に生ケーキ!
一家団欒、大切な方とのお時間に
クリスマスケーキを是非自家製で!

明日11月9日(日)20時丁度
同ブログにてクリスマスケーキレッスン予定UP致します。
贅沢な材料でおいしいものを味わって頂きたく、
発注その2と題し、プラリネやショコラの
ご注文をお受けいたします。
併せて明日のブログへ記載します。

尚、発注その1シュトーレン材料は以下のブログ記事を
ご覧いただき、明日の18時までご連絡くださいませ。
21:21:42 | ことといたより | page top↑
デザート残り僅か@ギャラリーひと粒さん 2014 / 11 / 06 ( Thu )
IMG_1739.jpg
フランス・ブルゴーニュの伝統の味、パンデピス(スパイスのケーキ)。
ブルゴーニュはワインだけじゃないですよ~◎
パンデピス、マスタードなど特産がいっぱい!
カシスのマスタードとかとにかくおしゃれ~。
画像のケーキに更に本物のオレンジで作った
食べるオーナメント
お飾りしますよ。
IMG_1378_2014102017341297d.jpg
パンデピスはフランスのブルゴーニュ、シャンパーニュ、
そしてアルザス地方で名産です。
ライ麦を使用するのが特徴でケーキなのに「パン」と
名づけられました。
アルザスやドイツ・ベルギーでは聖人を象った
型でクッキー(これも地域でパンデピスと称します)を作ります。

そもそもクリスマス前の12月6日サン・ニコラの日に
食べるのが正式。
諸説御座いますが、子どもの守護聖人であるサン・ニコラが
貧しいお家にお金を投げ入れたところ、子どもの靴にちょうど入ったとのこと。
サン・ニコラはサンタクロースの原形とも言われており、
その名残りは、現在のクリスマスの定番、
靴下や長靴にお菓子を詰めたプレゼントだそうです。

ことといのレシピはライ麦は勿論、はちみつ、バターで
しっとりさせたパンデピスのレシピ。
5ミリ以下にスライスして少しずつ食す、贅沢ケーキ。
パウンド型で焼きますので手軽ですし、きっちりした
しっかりした形になります。
キレイに仕上がるのでお友達のプレゼントに重宝。

大尊敬するフランス人女性パティシエの
クリスティーヌ・フェルベールさん。
昨年3月にアルザスの工房へお邪魔した際、
美味しいジャムをご紹介下さいました。
イースター前のまだ寒い時季でしたので、
ありました!パンデピスのジャムが!!!
秋冬の定番、パンデピス。
ジャムの妖精の手にかかるとケーキもジャムに
変身するのだと、かなり勉強になりました。

ぐっっと、寒くなるこの時季の会津。
アルザスと会津って本当に似ているのかも・・・
IMG_1725.jpg
来る11月11日~30日まで会津若松にございます、
ギャラリーひと粒さんにて、白磁陶芸家の田崎宏さん(草春窯)と
ことといのコラボ・イベントがございます。
今回もひと粒さんのキッチンでお菓子をこしらえて、
田崎さんの器に盛り付けをさせて頂きます。

お菓子のメニューは、
11月22日(土)栗のティラミス→満員御礼
11月23日(日)、24日(祝・月)は
キャラメルリンゴのパイタルトです。
→各日あと2名様

栗のティラミスは冷たいお菓子です。
キャラメルリンゴのパイタルトは
オーブンであたためて冷たいアイスクリームを
のせたデザートです。
どちらもひと粒さんのおいしいプレス式の
珈琲にもの凄く合います。
IMG_1726.jpg
3日間とも10食限定でございます。
要予約となっており
ギャラリーひと粒さんへ直接お電話(0242-85-6658)で
お申込みいただくか、ことといへメール又は
フェイスブックのメッセンジャーでご連絡頂ければ、
幸いです。
IMG_1733.jpg
私も11月23日、24日はギャラリーひと粒さんに在廊しております。
お時間ございましたら、是非、田崎さんの白磁で
お茶しにいらしてくださいませ◎
17:00:26 | ことといたより | page top↑
大絶賛!☆パンデピス☆ 2014 / 11 / 06 ( Thu )
IMG_1816.jpg
クリスマス前にマスターしたいこのお菓子。
パンデピスにはこんなにスパイスが入ります。
なにぶん、「スパイスのケーキ」という名のお菓子ですから。
IMG_1818.jpg
はちみつたっぷりのレシピゆえ、
かなりしっとりなケーキです。
日保ちしますのでプレゼントにも最適!
焼成した直後もしっとりさん。
IMG_1821.jpgIMG_1824.jpg
オーナメント飾ると完成度上がりますね~◎
中に何が入っているか想像を掻き立てるような
オーナメントを飾ります。とんちんかんちんな
ものは基本的にのせません。
完璧です、どこからみてもきれいです。
IMG_1825.jpg
安定して持ち運び出来るのが一番!
折角デコレーションしましたからね~◎
IMG_1817.jpg
福島市からいらしてた生徒さんから
京都福寿園の白い茎のほうじ茶。
香りが良く、台湾茶のようで和菓子にも
パウンドケーキにも合うおいしいお茶でした。
おいしいものをいつもありがとうございます!
IMG_1826.jpgIMG_1827.jpg
連休真っ只中!アメリカに長くお住まいだった
生徒さん。郡山からいらして頂きました。
お菓子作りしながら、英会話表現を教えて頂きました。
爆笑の私たち。知らないことってたくさんありますね~。
ニュアンスって大事ですね~(笑)
IMG_1829.jpgIMG_1832.jpg
文化の日にふさわしいケーキ!?かもしれません、
パンデピス☆巡り巡ってフランス・ブルゴーニュに行きついた
ケーキ。歴史がてんこ盛りなのです。
世界史の教科書でもう一度確認してみようかな~とか、
思ってしまいました。
雨の中、福島市へお帰りとのこと。
遠方から有難いです。
ご試食も大絶賛頂き、本当に嬉しゅうございます。
召し上がったことは今まで無かったとのことですが、
大変気に入って頂いたことが、なによりでございます。

後半のパンデピスのレッスンのみなさま、
どうかご期待くださいませ!


16:33:05 | お教室風景 | page top↑
 | Diary |